厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

声で交流「あひるのおしゃべり」 録音奉仕団と読者が懇談会

社会

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena
「見えなくなっていじけていたせいか、社会の情報が入らなくなった。そんな時に出会ったあひるの会のおしゃべりが、とてもうれしくて」と話す読者もいた=11月23日・アミューあつぎ
「見えなくなっていじけていたせいか、社会の情報が入らなくなった。そんな時に出会ったあひるの会のおしゃべりが、とてもうれしくて」と話す読者もいた=11月23日・アミューあつぎ

 広報あつぎや市議会だよりを朗読し、CDに録音して届ける「厚木市録音赤十字奉仕団あひるの会」と読者の懇談会が11月23日、アミューあつぎで開かれた。同会の朗読サービスを利用している視覚障がい者の読者23人と団員37人、盲導犬1頭が参加した。

 1つのテーブルに読者と団員が混ざって座り、自己紹介からスタート。中学生で読者になり現在は母となった女性や、1年前に盲導犬を迎えた男性など読者からの近況報告に加え、時折飛び出す朗読への感想に「張り合いになる」と団員が応え、言葉に温度が加わった、声での交流が図られた。

 トイレ休憩や散会時など、読者が会場から移動をする際には、団員が声をかけ肩を貸すなどしてサポートする姿が見られた。あひるの会の石射順子委員長は「自分でできることは自分でやるのが読者のスタンス。適切な介助の仕方を逆に教えてもらっています」と話していた。

 読者の越智勤さん(七沢)は、CDを聴く専用機器を今年6月に入手したばかり。「広報を聴き始めたところで、毎月届くのを楽しみにしている」。バスセンターまで団員に付き添われて帰路に着いた。

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

和菓子職人が突撃取材

タウンレポート

和菓子職人が突撃取材 社会

愛川ブランド紹介動画が好評

9月17日号

ATGサイレン灯

彼岸に紅白の共演

常昌院

彼岸に紅白の共演 社会

厚木市棚沢

9月17日号

5連勝で暫定首位

はやぶさイレブン

5連勝で暫定首位 スポーツ

次戦は宣言明けを予定

9月17日号

身近な「むにゅーん」募集

身近な「むにゅーん」募集 文化

市民参加型展示会に向け

9月17日号

JTがクリーン活動

JTがクリーン活動 社会

5日連続でゴミ拾い

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook