厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

「バラの咲く工場」今年も開放 厚木市上依知 日本フルハーフ株式会社

社会

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

 5月の半ば、毎年工場を一般に開放し「ばら鑑賞会」を開催している会社がある。厚木市上依知の内陸工業団地内にある日本フルハーフ株式会社だ。毎年この時期、同社の周囲はバラの気品ある香りが漂い、無機質な工業団地の風景に彩りを生む。鑑賞会は今年で32回目。訪れる人は市内外から約1万人。多くの人を魅了する「バラの咲く工場」を取材した。

始まりは55本のバラ

 同社はトラックの荷台部分のアルミボデーやトレーラなどの輸送用機器を製造販売する会社。全国各地に拠点を持ち、グループ全体で約2500人、本店・厚木工場には約1200人が勤務する。バラの栽培は「殺風景な工場に潤いを」との思いから同社役員の発案のもと、有志が集まり工場外周に55本のバラを植えたのが始まりだ。その効果は少しずつ開花し、周囲に化学変化をもたらした。バラは少しずつ増え、3年後の1988年、創立25周年の折に「綺麗に咲き始めたばらを近隣の人たちにもみてもらおう」と地域貢献の意味も込め、鑑賞会をスタート。当初訪れる人は2000人ほどだった。

地域に広がる潤い

 工場内のバラは今では約400種1000本。鑑賞会には1万人が来場。「バラの咲く工場」としてその名を馳せている。特筆すべきは手入れを行っているのは同社の専属社員だということ。現在の植栽担当は4代目の熊谷和浩さんと5代目の鈴木英樹さん=写真上。もとは工場勤務だったという2人。「先輩たちが繋いできた歴史を受け継いだ使命感で担当しています。主役はバラ。自分たちは脇役です」とリーダーの熊谷さん。「社会から信頼される良き企業市民をめざす」を企業理念に掲げる同社。植栽担当社員を先頭に全従業員が想いをひとつにしている。「社員の社員による社員のためのばら」は「社員の社員による”地域とともに楽しむ”ばら」に昇華した。今年も咲き誇るバラが来場者を待っている。

◆日本フルハーフばら鑑賞会

 開催日/5月19日(日)。午前9時30分から午後2時(雨天決行)。場所/厚木市上依知上ノ原3034。工場内のバラを鑑賞できるほか、苗木・切り花の販売、植栽担当者による栽培セミナー、地域住民の出店など。入場無料。問合せは同社【電話】046・285・3111へ。

昨年の鑑賞会のようす
昨年の鑑賞会のようす

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

不登校児に「学び」の支援

不登校児に「学び」の支援 社会

無料塾「ねこの手」小室 善昭さん

6月14日号

「次へ」繋ぐ 親方の心意気

Zoom up

「次へ」繋ぐ 親方の心意気 経済

厚木建築職組合 組合長 井上菊一さん(69)

6月14日号

介護職のあなたを応援

厚木市愛川町

介護職のあなたを応援 社会

支援事業を紹介

6月14日号

半原宮大工の足跡語る

半原宮大工の足跡語る 文化

郷土の校舎建造を解説

6月14日号

不思議な日本語のタイル

不思議な日本語のタイル 社会

串田歯科医院前にポツリ

6月14日号

好物のマグロをパクリ

好物のマグロをパクリ 社会

渡辺ヤマさん110歳の誕生会

6月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で探そうカブトムシ

厚木市建設業協会二世会

親子で探そうカブトムシ

7月20日 参加費無料

7月20日~7月20日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク