厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

感謝を感動で返す 星槎国際湘南野球部

スポーツ

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
守備練習後、真っ黒な顔で土屋監督のアドバイスを聞く選手たち
守備練習後、真っ黒な顔で土屋監督のアドバイスを聞く選手たち

 昨年の全国高等学校野球選手権神奈川大会の南神奈川で、ベスト4の好成績を残した星槎国際高校湘南(土屋恵三郎監督/部員数82人)。厚木市上古沢に専用グラウンドを持つ同部は、目標に「甲子園出場」を掲げる。

 チームスローガンは「一戦必笑」。今年のチームテーマに「感謝を感動で返そう」とし、周りで応援し支えてくれる人たちに感謝したいという思いが込められている。

 4番エースでキャプテンを務める一栁(いちやなぎ)大地選手(3年)は重責を担うが、「大変なときもあるが、副キャプテンが指示出しをしてくれたり、周りに支えられている」という。また今年のチームについては、「目立った選手がいない分、一人ひとりの力を合わせて全員で戦うチーム」と分析する。

 チームの指揮を執る土屋監督は、「厚木にグラウンドができて1年経ち、選手たちものびのびと練習している。厚木の人たちに感謝を感動で返せるようにしたい」と話した。

 初戦は7月13日(土)午後1時30分〜小田原球場で海洋科学高校と対戦する。
 

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

親子で学ぶ 身を守る「コツ」

親子で学ぶ 身を守る「コツ」 教育

高峰小PTAが教室

7月19日号

「地域に開かれた組合に」

The Interview

「地域に開かれた組合に」 経済

厚木市遊技場組合 小巻嵩典組合長

7月19日号

野外調理やゲーム満喫

野外調理やゲーム満喫 教育

ジュニアリーダーが企画運営

7月19日号

野球を楽しむ

工科大野球教室に小鮎幼稚園が参加

野球を楽しむ スポーツ

7月19日号

伝統を継承し“つながり”を広める

原点に立ち返り奉仕活動

こども大使になろう

こども大使になろう 教育

体験学習の参加者募集

7月19日号

神奈川中央病院

認知症治療病院 外来診療受付中

https://kanagawachuo-hospital.com/

厚木市プレミアム付商品券 

厚木市プレミアム付商品券、使用可能店舗を募集。申込期限は7月31日(水)まで

http://premium-gift.jp/atsugi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク