厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

あつぎミュージックフェスティバル 高橋亜沙さんが大賞 「アーティスト性を重視した」

文化

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
「本当にビックリ」と大賞の感想を話した高橋さん
「本当にビックリ」と大賞の感想を話した高橋さん

 今年で6回目を迎えたあつぎミュージックフェスティバル(主催・厚木市、公益財団法人厚木市文化振興財団、実施主体・同フェスティバル実行委員会)の公開オーディションが8月22日、アミューあつぎで行われ、高橋亜沙さん(20/秦野市)が大賞に輝いた。

 同オーディションは、厚木から世界に羽ばたく、未来のトップアーティストを育てるために開催。大賞者にはメジャーレーベルのVirgin Music(ヴァージンミュージック)からネット配信デビューが贈られる。

 今年は34組の若手アーティストが参加。大賞を受賞した高橋さんはオリジナル曲の『残像』を熱唱。「オーディションは緊張していてあまり覚えていない」と振り返るとともに、「大賞が取れるとは思っていなかったので、本当にビックリ」と感想を話した。

 審査委員長を務めたデフジャムレコーディングスのレーベルプロデューサー青山淳一さんは「6年目を迎えてクオリティがかなり上がってきていると感じる。のど自慢ではなく、アーティストをデビューさせるので、その人を応援しようという想いやアーティスト性を重視して今年は選んだ」と講評した。

 また、今回の大賞を受けて、高橋さんはフェスティバルのオープニングアクトとしての出場権を獲得。人気アーティストと同じ舞台に立つことについて、「自分らしいステージをやりたい」と意気込む。

今年は厚木中央公園

 11月3日(日・祝)に行われるあつぎミュージックフェスティバル。毎年、厚木市文化会館の大ホールで開催されていたが、今年は厚木中央公園(厚木市寿町3の424の1)での開催となる。すでに参加アーティストの一部が発表されており、きゃりーぱみゅぱみゅさん、AK―69さん、木梨憲武さん、SHOKICHIさん(EXILE)ら、第一線で活躍する面々が厚木に集結する。参加アーティストについては、今後も順次発表されていく。

 同フェスティバルの実行委員長を務める、あつぎ文化芸術特別大使の横内謙介さんは「あつぎミュージックフェスティバルは、大手の代理店ではなく、厚木のスタッフ、スポンサーだけで成功させている世界に誇るべき新しい祭り」と話す。

 チケットや出演者情報など、フェスティバルの詳細はホームページ(http://atsugi-m-f.com/)で随時発信される。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

認知症  地域でともに

特集

認知症 地域でともに 社会

9月21日は世界アルツハイマーデー

9月13日号

本日から販売

本日から販売 経済

厚木市プレミアム付商品券

9月13日号

親子で税金を学ぶ

親子で税金を学ぶ 教育

法人会イベントに親子50組

9月13日号

日頃から防災に備えを

日頃から防災に備えを 社会

愛川町で防災訓練

9月13日号

太鼓で深める心の絆

太鼓で深める心の絆 文化

保存会が石巻・雄勝中訪問

9月13日号

教職員の働き方改革推進

厚木市

教職員の働き方改革推進 教育

児童・生徒と向き合う時間確保

9月13日号

農林施策への協力を要請

農林施策への協力を要請 社会

JAあつぎが厚木市・清川村を訪問

9月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク