厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

愛川町 特殊詐欺を防げ 録音電話 購入助成を拡充

社会

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena
周知のチラシを手にする町職員
周知のチラシを手にする町職員

 特殊詐欺の被害を防ぐため、愛川町が今年度から録音機能付電話機等の購入費用一部助成事業を開始した。この事業について、当初の予想よりも申請数が多いことから町では、町議会9月定例会に増額の補正予算を計上した。

 振り込め詐欺やオレオレ詐欺など、近年増加する特殊詐欺。これらの犯罪では電話を使った手口も多く、録音機能や警告機能が付いた電話機が効果的な対策になる。

 そこで町では、被害を未然に防ぐため2019年4月から、町内の高齢者などがいる世帯を対象に録音機能付電話機等の購入費用の一部を助成する事業を開始した。同様の助成制度は、愛川町以外の県内自治体では大和市が実施している。

 愛川町の助成対象は、町内在住で65歳以上の人または認知症の人や認知症の疑いがある人がいる世帯の世帯主。助成を受けられるのは1世帯1回限りで、助成金額は購入金額の4分の3(上限1万円)。町住民課によると、助成対象となる電話機は約6千円から約4万円で購入できるという。

 町は今年度当初予算で30万円を計上したが、制度開始から申請者が多く、9月13日現在で申請数は52件。そこで町では、町議会9月定例会に補正予算として60万円を計上。20日の本会議で可決されれば、60世帯分が追加で助成可能になる。

 同課によると、町内での特殊詐欺被害は2018年が1件、2017年が1件、2016年が3件。これらはあくまで被害件数であり、被害に至らなかった特殊詐欺の電話等はこれ以上にかかっていることが予想される。同課では「助成の申請数が多いことは、町民の皆様の特殊詐欺に対する意識が高いということ。今後も、助成制度とあわせて、被害防止の啓発を積極的に行っていきたい」と話す。助成についての詳細は同課【電話】046・285・2111へ。

”生きる力”は友だちから

10月1日(火)運動会(幼稚園園庭にて)9:15~、見学はいつでもできます

http://www.showa-kinder.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

神奈川工科大から初出場

技能五輪全国大会

神奈川工科大から初出場 教育

移動式ロボット職種で腕試す

11月15日号

地域一丸で125周年祝福

愛川町立高峰小

地域一丸で125周年祝福 教育

ドローンで人文字撮影

11月15日号

複合施設整備へパブコメ

厚木市

複合施設整備へパブコメ 社会

市庁舎移転など含む計画案

11月8日号

地域活性に貢献し500回

にぎわい美化清掃

地域活性に貢献し500回 社会

12年で7500人が参加

11月8日号

外国籍住民に「出前講座」

愛川町

外国籍住民に「出前講座」 社会

新規事業で地域を解説

11月1日号

小・中全36校に屋外AED

厚木市

小・中全36校に屋外AED 教育

災害時、一般開放時に備え

11月1日号

ISS(インターナショナルセーフスクール)4回目の認証取得へ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク