厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

ZOOM UP チーズ大賞受賞も奮闘中 日本一小さな牧場「牧歌」

社会

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
ひとりで牧場を経営する河内賢一さんチーズの購入希望はFacebookか【メール】bocca2005@ai.ayu.ne.jpで
ひとりで牧場を経営する河内賢一さんチーズの購入希望はFacebookか【メール】bocca2005@ai.ayu.ne.jpで

 ▽厚木市林の田んぼの中に突如現れる牧場『牧歌』。広さ約30アールほどの敷地内に牛3頭、羊5頭と友人に委託されたヤギ4頭を飼育。経営しているのは、河内賢一さん(45)だ。「子どもの頃から牛乳が大好きで、自分で牛乳を搾って飲みたい」と思い、帯広畜産大学に進学。卒業後1年を北海道で過ごした後、故郷の厚木に戻り、自分ひとりで家畜の世話から加工までを手掛ける「小規模酪農」をめざし、奔走。自宅の一部を乳製品の加工場に改装し、2009年に牧場も完成した。新規就農者としては市内の牧場として牛乳のほか、それを加工しヨーグルト、チーズの生産・販売も始めた。

 ▽今年2月には、生産するチーズが、『第5回関東ナチュラルチーズコンテスト』(一社・中央酪農会議主催、同コンテスト実行委員会共催)で、最高賞となる関東チーズ大賞を受賞した。河内さんは「一般の人が食べて評価するコンテストなので、この賞は本当にうれしい」と話す。「自分が食べたくて作っているので、熟成の旨味を生かしてくせがない誰もが好きな味になっていると思いますよ」と自己評価する。

 ▽ジャージー牛の乳は脂肪分が多くてコクがあるという。牛乳とヨーグルトは、JAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」に出荷、チーズは自宅の販売店「BOCCA」で予約販売するが、「小規模で手間をかけて生産するため値段は決して安くない」(河内さん)という。「趣味の延長」で始めたというが、「お金がかかりすぎる」と経営的、労力的にも厳しさが増す。現在は「この夏の暑さで牛たちも疲れ気味だから」と牛乳とヨーグルトは生産を休止(来年1月頃から再販予定)し熟成中のチーズのみ販売している(カット売り)。

 ▽経営維持のために週1日の酪農ヘルパーに加え、週3日のサラリーマン生活も始めた。「経営としては成功しているとはいえない。賞をとっても大儲けすることはない」。それでも「自分で牛乳を作ることが夢だった。これからの人にも夢を持ってもらいたい。だから自分は敢えて誰でも出来るやり方でやっていきたいと思う」と力強い。今は人手が行き届かず荒れている牧場を整備し、子どもたちが喜んでくれるようなイベントの開催も画策する。「こだわり、夢は譲らない」

アイネックスがリフォーム博開催

10月31日湯花楽厚木店。屋根・外壁、キッチン、蓄電池のコーナーも

http://www.in-ex.co.jp/

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

感染症対策踏まえた改革を

感染症対策踏まえた改革を 経済

行革調査委員会が答申

10月23日号

地域で平和を考える

睦合南公民館

地域で平和を考える 社会

40周年事業・映画鑑賞会

10月23日号

第一生命保険と協定

愛川町

第一生命保険と協定 文化

健康増進等で連携

10月23日号

来年の真打昇進が決定

厚木市在住立川志奄(しえん)さん

来年の真打昇進が決定 文化

志らく師匠からは宿題も

10月23日号

5000株のざる菊がお出迎え

四季の自然観察会

四季の自然観察会 社会

参加者を募集

10月23日号

お家のリフォーム相談ください

「我が家もリフォーム?」とお考えの方へ。見積り・相談無料!

https://sakurakentiku.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク