厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

厚木市在住立川志奄(しえん)さん 来年の真打昇進が決定 志らく師匠からは宿題も

文化

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
当日の高座にて(撮影/本宮誠)
当日の高座にて(撮影/本宮誠)

 厚木市飯山在住の立川志奄さん(本名/後藤貴雄・46)が、10月7日に町田市民ホールで『真打昇進試験 落語会』に臨み、ゲストとして高座にも上がっていた立川志らく師匠から、来年の真打昇進の同意を得た。

 志奄さんは1999年4月に入門し、3カ月の見習い期間を経て前座に。12年4月に二つ目に昇進し志奄を名乗る。

 今回昇進に必要な条件のひとつに「コロナ対策のガイドラインに沿った上で会場を満席にする」があり、当初はホームの厚木市文化会館小ホールでやる予定だったが、定員数が少ないと師匠からダメ出し。会場を町田に変更し不安視されたが、見事200人を超える観客が来場した。

 当日志奄さんは、「寝床」と「一文惜しみ」の2席を披露。自身では「出来はよくなかったです。いつもならしないようなミスが多々あり、反省の多い内容でした」と評価。師匠からも「とりあえず内定だけど…、もっと命懸けで取り組め!まだまだ考えが甘い。宿題としてもう一度都内で前夜祭の会をやるように!」と言いつけがあったという。

 昇進が決まった心境については、「うれしいというよりお客様の熱意と師匠に助けられてしまったなと。次の前夜祭ではひと皮剥けた姿を見せたい!」と誓った。

 言葉通り来年昇進前に前夜祭の落語会を開き、真打披露興行を行う(いずれも日時等は未定)。

 現在、厚木市内の森の里ぐるっと広場(第3火曜/【電話】090・9158・0451岡本さん)のほか、旭町・演劇鑑賞会(第1土曜)、飯山・ギャラリー&茶房・結(第3土曜)でも毎月落語会を開催している。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

手作りファッションショー

湘北短期大学

手作りファッションショー 文化

衣裳作り、演出すべて学生

12月4日号

体育館に響く笑い声

体育館に響く笑い声 教育

厚木小学校で学校寄席

12月4日号

高齢者らがホールを堪能

高齢者らがホールを堪能 教育

神田ピアノ教室が発表会

12月4日号

ATGサイレン灯

県議会代表質問

県議会代表質問 政治

佐藤県議が登壇

12月4日号

地元から5選手が優勝

地元から5選手が優勝 スポーツ

荻野で全国防具空手大会

12月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク