厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

馬琴と崋山

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena

 物語の舞台になりにくい厚木です。映画でもドラマでも、厚木が登場する作品は少ないと思われます。ならば自分で生もうと思い、厚木をフューチャーした新作を創ることにしました。

 江戸時代末期に、渡辺崋山という人がいました。三河田原藩の家老であり、著名な絵師でもあった二刀流の才人です。この人が厚木に数日滞在して絵日記を残しました。タイトルは「游相日記」。厚木天王町の旅籠「万年屋」にて、地元の文化人たちを招き、飲めや歌えで交遊したこと等が描かれています。

 侍としての崋山は、後に幕府の鎖国政策を非難したという嫌疑で罰され、切腹で果てる悲劇の人ですが、そんな歴史上の偉人が江戸時代の厚木の庶民と交わり、その様子を生き生きと描き写していることが興味深くそこから新作の構想を得ました。

 この崋山より少し前、もうひとり江戸文化の大立者が厚木に逗留しました。江戸のベストセラー「南総里見八犬伝」を書きあげた滝沢馬琴です。しかも馬琴の息子が崋山の友人であり、その息子が早死にした際、崋山が遺影を描いて馬琴に贈呈した逸話もあります。大山詣りの中継地として、また人と物が忙しく行きかう相模川の要所として栄えた厚木は、当時の文化芸術の交差点でもあったのです。

 私の主宰する扉座が、厚木で定期的に公演をさせて頂くようになって23年、時代劇に厚木を登場させるという初の試みに挑みます。

厚木シアタープロジェクト第34回公演劇団扉座「神遊(こころがよい)馬琴と崋山」(作・演出/横内謙介)

6月4日(土)18時・5日(日)14時/厚木市文化会館小ホール

厚木・愛川・清川版のコラム最新6

横山 実のGOLF LIFE  Vol.17

横山 実のGOLF LIFE Vol.17

【17】 よりよいゴルフライフを〈最終回〉

6月17日号

音楽の森

♯みゅーじっくコラム♭

音楽の森

ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

6月17日号

馬琴と崋山

馬琴と崋山

5月6日号

スター誕生

スター誕生

4月15日号

横山 実のGOLF LIFE  Vol.17

横山 実のGOLF LIFE Vol.17

【17】傾斜からのショット〈その四〉左上がり

3月25日号

音楽の森

♯みゅーじっくコラム♭

音楽の森

ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

3月18日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 音楽の森

    ♯みゅーじっくコラム♭

    音楽の森

    ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

    6月17日号

  • 横山 実のGOLF LIFE  Vol.17

    横山 実のGOLF LIFE Vol.17

    【17】 よりよいゴルフライフを〈最終回〉

    6月17日号

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook