厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年8月5日号 エリアトップへ

厚木市立病院 コロナ専用病床を拡大 感染者増加に対応

社会

掲載号:2022年8月5日号

  • LINE
  • hatena
厚木市立病院
厚木市立病院

 新型コロナウイルス感染患者を受け入れている厚木市立病院(長谷川節院長)は7月29日、新型コロナ専用病床の4床拡大を発表した。周産期感染者に対応するためのもので小児、成人合わせて専用病床は7月18日までの24床から最大52床となった。

 第7波と呼ばれる新型コロナの感染拡大による感染者の急増に伴い、神奈川県は医療ひっ迫状況に応じて定めている病床確保フェーズを7月13日付けで下から2番目の「1・確保病床1000」から「3・確保病床1300〜1700」に引き上げた。その後、26日付けで上から2番目の「4・確保病床2100」とした。

 同病院は感染者増加に早急に対応するため7月19日に専用病床を成人8床、小児4床増床。成人については今後の状況を踏まえ、段階的に20床増やすと発表し、専用病床は最大で48床に拡大していた。今回は、周産期の感染者も増加傾向にあることから、さらに4床拡大し、最大52床の受け入れ準備を整えた。  

 長谷川節院長は「感染者の急激な増加に対応するため医療体制を整備しました。小児感染者の受け入れについては県央地区などで中心的役割が当院にあることから4床の増床を決断しました。また、県周産期救急医療システム協力病院に指定されているので周産期の方の不安を少しでも和らげられるよう今回の体制を整備しました」とコメントした。

 同病院の専用病床使用率は40床のうち、使用は25床(使用率62・5%/小児が4人、成人が21人)となっている。(8月2日午後5時)

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

厚木管内は搬送倍増

熱中症

厚木管内は搬送倍増 社会

エアコンなど対策を

8月12日号

SDGsパートナー設立

厚木市

SDGsパートナー設立 社会

第1期を募集開始

8月12日号

コロナ専用病床を拡大

厚木市立病院

コロナ専用病床を拡大 社会

感染者増加に対応

8月5日号

謎の土器主役に特別展

謎の土器主役に特別展 文化

あつぎ郷土博物館

8月5日号

全国大会出場へ

厚木清南高校定時制

全国大会出場へ スポーツ

サッカー・バドミントン部

7月29日号

地元からの贈り物

野球部に手作りリヤカー

地元からの贈り物 教育

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook