神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

柔道 八三塾 3人が県大会で入賞 強化選手にも選出

スポーツ

公開:2024年7月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
賞状を手にする(左から)一毅君、石田君、一朔君
賞状を手にする(左から)一毅君、石田君、一朔君

 厚木市小野の柔道クラブ「八三塾」(関野晴久代表)に通う選手3人が6月16日、神奈川県立武道館で開かれた「2024全国共済カップ 神奈川県小学生柔道大会」に出場して上位に入賞した。

 同大会は県柔道連盟などの主催。全国共済が特別協力し、強化選手の選考会も兼ねている。5・6年生がA(軽量級)〜D(重量級)の4階級に分かれて争った。

12年ぶり王者輩出

 今大会で入賞したのは石田尚義(ひさぎ)さん(三田小5年)、幸地一毅さん(妻田小5年)、幸地一朔(いっさ)さん(妻田小6年)。

 石田さんは5年生男子Aクラスに出場。2年生ごろから柔道を始め、「同学年に比べて始めるのは遅かったが、とにかく真面目に練習している姿が印象的」と関野代表は話す。得意技は「素早い動きで相手を翻弄し、足技で相手の体を崩してから背負い投げ」。決勝までの3試合を一本勝ちで勝ち進んた。

 決勝では判定までもつれ込む接戦となるも、3-0で勝利をおさめ、自身初の優勝を飾った。石田さんは「優勝することができてうれしい」と喜んだ。

 八三塾からは2012年の県大会以来、12年ぶりの王者輩出となった。

 5年生男子Cクラスに出場したのは一毅さん。投げ技の一つである内股を得意としており、「相手を持ち上げる瞬間が楽しい」と笑顔で話す。今大会は準決勝まで駒を進め、相手を攻め込むも途中で転倒してしまい、惜しくも決勝進出を逃した。「悔しい気持ちが強い。次は優勝を目指していきたい」と次の大会を見据えた。

 一朔さんは6年生男子Dクラスに出場した。得意技は大外刈りで、八三塾ではキャプテンを務める。昨年までは「大会や試合に苦手意識を持っていた」というが、今年は準決勝まで進出。準決勝では相手の猛攻に耐えながらも、体勢を崩してしまい惜敗した。「3位はうれしいけれど、次はもっと上を目指したい」と話していた。

 選手の奮闘を見届けた関野代表は「12年ぶりに県王者も誕生して素直にうれしい気持ち。これからも『勝ちに行く』という気持ちを持って練習や試合に臨んでいってほしい」と期待を寄せた。

 今大会の上位大会はないが、石田さんは関東の強化選手、一毅さんと一朔さんは神奈川県の強化選手に選出された。今後は代表選手同士の練習や試合を通じ、しのぎを削り合っていく予定だ。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

愛甲三郎納涼祭り

7月20日

愛甲三郎納涼祭り

甲冑隊パレードなど

7月13日

自主制作映画を上映

自主制作映画を上映

7月26日 厚木珈琲

7月12日

各地区で盆踊り

JAあつぎ

各地区で盆踊り

7月17日・24日

7月12日

着工控え市民向け説明会

厚木市複合施設

着工控え市民向け説明会

庁舎機能集約で利便性向上

7月12日

田んぼは生き物の宝庫

田んぼは生き物の宝庫

JAあつぎが生き物調査

7月12日

コラボ歌踊・展示大会

コラボ歌踊・展示大会

7月21日(日)厚木市保健福祉センター6F

7月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook