神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

最新児童小説が話題 厚木市在住 吉岡さん

教育

公開:2024年7月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
最新児童小説が話題

 厚木市温水在住の絵本作家・吉岡勝さんが書いた児童小説「泣き虫アーニャは二度ベルを鳴らす」(文芸社1210円)=写真が、話題になっている。

 吉岡さんは、2020年に57歳で絵本作家デビューを果たし、これまでに4冊の絵本のほか、昨年には初の童話集も刊行した。

 今作は、ベトナム戦争終盤の1972年、相模原市で起きた市民闘争をテーマに「平和」を願うウクライナの少女と日本の少年の交流を描いたもの。

 吉岡さんは、「絵本にするつもりが長編になってしまいました。ぜひ若い方に読んでほしいです」と話す。

 同書は有隣堂厚木店ほかで取り扱い中。

読者5人にプレゼント

 「泣き虫アーニャは二度ベルを鳴らす」を、本紙読者5人に進呈する。

 はがきに住所・氏名・年齢・電話番号・本紙の感想を明記の上、〒243─0021厚木市岡田3088ケーオービル5Fタウンニュース社「童話本」係へ。メール(【メール】atsugi@townnews.co.jp)でも応募可。7月12日(金)必着。発表は発送をもって代える。個人情報はプレゼントの発送のみに使用。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

最新技術に触れよう

神奈川工科大

最新技術に触れよう

8月6日、子ども向け

7月22日

恐竜の世界を体験

恐竜の世界を体験

アミューで7月27日から

7月20日

鮎まつりでドリフェス

厚木青年会議所 8月3日

鮎まつりでドリフェス

7月19日

少年野球の夏開幕

厚木杯

少年野球の夏開幕

決勝は8月12日

7月19日

園児に花の管理伝える

厚木市青空クラブ

園児に花の管理伝える

7月19日

自費出版無料相談会を開催

先着5人限定

自費出版無料相談会を開催

ベテランスタッフが応えます

7月19日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook