伊勢原版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

大山に夏到来 7月27日 下社で「山開き祭」

文化

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena
閉ざされた登拝門を開けるお花講の社中(写真は昨年)
閉ざされた登拝門を開けるお花講の社中(写真は昨年)

 大山が一年で最もにぎわう夏山シーズンが、今年もやって来る。7月27日(月)には大山阿夫利神社(目黒仁宮司)の下社で、江戸時代から続く神事「山開き祭」が執り行われる。午前9時ごろから、見学自由。同祭では、大山三大講のひとつ「東京日本橋お花講」の社中たちが山頂への入口にあたる登拝門の扉を、古くから伝わるしきたりに則って開ける。

 大山は古来より神の宿る霊山とされ、夏山の時期以外は山頂への登拝が禁止されていた。しかし大山を信仰する人や登山客の増加により規制は徐々に緩和。1965年の丹沢大山国定公園の指定をきっかけに、年間を通して登拝できるようになった。

 下社の脇にある登拝門は山頂に続く登山道の入口。普段は扉の片方だけが開けられているが、夏山期間だけは両開きになる。この門の鍵を持つのが、東京日本橋お花講。毎年およそ60人の社中が神事に参列し、古くからのしきたりに則って扉を開けている。

 扉が開けられると、社中たちは「さんげ、さんげ、六根清浄」と唱えながら山頂に向かう。「さんげ」とは懺悔を意味し、参拝することで目・耳・鼻・舌・身・意の「六根」が清められるとされる。

 今年は、ケーブルカーが運休の中で山開きを迎える。大山阿夫利神社の目黒久仁彦権祢宜は「夏山登山を通じて、大山の歴史や伝統を味わっていただきたい」と話している。

 ケーブルカーの運転再開は10月1日(木)の予定。夏山の期間は8月17日(月)まで。

伊勢原版のトップニュース最新6

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

防災情報など地図表示

伊勢原市

防災情報など地図表示 経済

国交省のシステム活用

11月12日号

東日本大会に出場へ

軟式野球伊勢原クラブ

東日本大会に出場へ スポーツ

市内5中学の選抜チーム

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook