伊勢原版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

商工会青年部 祭りの灯 途絶えさせない 8月2日に代替イベント

経済

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
ポスターを持って来場を呼びかける、小沼さん(右)と小宮さん
ポスターを持って来場を呼びかける、小沼さん(右)と小宮さん

 伊勢原市商工会青年部(小沼俊輔部長/部員数44人)は、新型コロナウイルス感染症の影響で中止にした「大納涼まつり」の代替イベントを8月2日(日)に実施する。規模を縮小し、感染防止対策をした上での開催で、主催者側は「さまざまな夏のイベントが中止になる中、少しでも笑顔と元気が届けられたら」としている。会場は伊勢原シティプラザ1階のふれあいホール。午後2時から5時まで。来場は自由。

 商工会青年部は、40歳までの青年経済人で組織する団体。大納涼まつりは青年部最大のイベントで、今年で45回目を迎える予定だった。台風でも中止にしてこなかったという大納涼まつりだが、今年はコロナの影響で史上初の中止に。市内の各方面から惜しむ声が上がったことをきっかけに、役員らで代替イベントの開催を模索してきた。

 その結果、例年は土曜・日曜の2日間開催だったイベントを、日曜のみの1日開催にし、時間も短縮して規模を縮小。会場も伊勢原大神宮からシティプラザに変更して実施することを決定した。

 当日は現役部員やOBの事業所18店舗が出店。洋服や米、酒、アイスなどをはじめ、一律800円で弁当の販売もある。子どもたちに楽しんでもらおうとキッズコーナー(ゲーム)も用意する。

 青年部では感染防止対策として、入場時の検温や、来場者の氏名や住所、電話番号を控える。除菌スプレーの使用や、マスク着用の要請、一度に入場できる人数を30人までに制限して密状態を回避するという。

 小沼部長(34)と、小宮健太郎副部長(33)は、「どんなときも前向きな姿勢で、皆さんの気持ちと地域経済を少しでも盛り上げたいという思いで開催を決めた。大納涼まつりの灯を途絶えさせることなく、来年の45回に繋げられたら」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

若者の主権者意識を育成

青年会議所神奈川ブロック

若者の主権者意識を育成 教育

向上高校で選挙教育

5月14日号

窓口の混雑情報を配信

伊勢原市役所

窓口の混雑情報を配信 社会

待合所の3密回避へ

5月14日号

仏国際コンクールで金賞

吉川醸造

仏国際コンクールで金賞 社会

日本酒の新ブランド開発

5月7日号

創建400年アートで祝う

伊勢原大神宮

創建400年アートで祝う 文化

伊勢神宮の「日の出」再現

5月7日号

青春を重ね開催待つ

東京五輪ソフトボール

青春を重ね開催待つ スポーツ

厚木市在住の飯島さん

4月30日号

映画のロケ地を巡る

伊勢原

映画のロケ地を巡る 社会

10カ所に等身大パネル

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter