綾瀬版 掲載号:2017年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

矢部商店 「ご当地サイダー」ラベル一新 親しみやすいデザインに

経済

ブタッコリ〜を使ったデザイン
ブタッコリ〜を使ったデザイン
 小園の矢部商店が開発し、2011年から販売している「ベリーサイダー」が、このほどラベルを一新した。市の公認キャラクターであるブタッコリ〜をあしらい、親しみやすく手に取りやすい「手土産にも使えるデザイン」として生まれ変わった。

 同店は戦前頃から続く地元商店。これまでにも市の花であるバラを使ったローズワインやバラの発泡酒など様々な試みを行い、4代目店主である貴洋さんが名産品「あやせ本醸造」を生み出すなど、地産地消や地域活性に力を入れてきた。

 こうした取り組みの中で、市内唯一のブルーベリー農園「あやせベリーガーデン」とコラボしたブルーベリーのビール「ベリーエール」を開発。これがきっかけとなり、このソフトドリンクバージョンとして「ベリーサイダー」が生まれた。

 ベリーエールはすでに廃盤となっているが、同サイダーは蓋を王冠から開けやすいキャップ式に変更し、瓶の形状も変えるなど2度のリニューアルを経て今の形になった。購買層は子どもを中心に、イベント出店などでの需要が多くあるという。

産みの親がデザイン

 3度目となる今回、初めてラベルが一新された。「ブタッコリ〜とブルーベリー、ブラックベリーを使って欲しい」という矢部商店の依頼を受け、ブタッコリ〜の生みの親である竹内千賀子さんがデザインを担当している。

 「ベリーの紫を基調に、親しみやすくて可愛いデザインを意識しました」と話す竹内さん。スッキリ爽やかな味わいをもつ同サイダーの特徴から「女性や子どもが好む味では」と考え、この層が思わず手に取りたくなるようなイラストに仕上げた。

果汁も倍に増量

 内容量は275ミリリットル。ブルーベリーとブラックベリー4kgずつを使用し600本を生産。ラベルだけでなく果汁もこれまでの1%から2%に変え、爽やかさはそのままにより飲みごたえのある味に変更されている。

 同サイダーは矢部商店(小園1312)ほか、JAさがみ直売場グリーンセンター綾瀬と市役所1階のともしびショップむーでも取り扱っている。また、11月19日にオーエンス文化会館駐車場で開催される「あやせ産業まつり」での販売も予定されている。

 問合せは同店【電話】0467・78・3591へ。

商品を手に説明する矢部さん
商品を手に説明する矢部さん

綾瀬版のトップニュース最新6件

初の認定に綾瀬から2社

神奈川がんばる企業

初の認定に綾瀬から2社

1月12日号

ABFが優秀賞に

かながわ観光大賞

ABFが優秀賞に

1月12日号

836人 新たな門出

綾瀬市

836人 新たな門出

1月1日号

市制40周年でさらなる躍進を

新春特別企画 市長インタビュー

市制40周年でさらなる躍進を

1月1日号

窓口で日本初の取り組み

綾瀬市

窓口で日本初の取り組み

12月15日号

父想い「私設図書館」設立

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あやせの歴史を訪ねて

    〈第38回〉渋谷氏ゆかりのコースを訪ねる38

    あやせの歴史を訪ねて

    綾瀬市史跡ガイドボランティアの会

    1月12日号

綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク