横須賀版 掲載号:2018年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

ウインドサーフィン 津久井浜で世界が疾走 ワールドカップ15日まで

スポーツ

地元ゆかりの須長選手(右)と国枝選手(右から2番目)
地元ゆかりの須長選手(右)と国枝選手(右から2番目)
 世界のトップセイラーを国内選手が迎え撃つ「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会」が今月10日、津久井浜海岸で開幕した。32カ国から約90人の選手が参戦。風の状況に合わせて15日(火)までレースが繰り広げられる。

レース状況手元でも

 大会前日の9日、横須賀市役所で大会関係者と出場選手による記者会見が開かれた。24年ぶりの国内開催となった昨年は3万3千人が観戦に訪れており、今回は4万人の来場を見込む。大会実行委員長を務める上地克明市長は、「ウインドサーフィンとともに、グルメ、音楽ライブなどエンタメ要素を盛り込んだ」とイベント性の高さを強調した。

 レースの見どころとして、日本ウインドサーフィン協会の長谷川浩会長は時速70キロのスピードと迫力のマーク回航バトルを紹介。前大会では、沖合にレース海面が設定されたため、観戦者が状況を掴みにくいという問題が発生したことへの対応策として、ICTを積極活用し観戦環境を整えたことも報告した。スマートフォンで3D観戦できる専用アプリを投入するほか、5台のカメラを駆使してライブ映像を大型ビジョンに映し出すなどの演出を行う。11日(金)・14日(月)・15日(火)は、海上から観戦できるチャーター船の運航もある。

 会見には地元ゆかりの出場選手として、国枝信哉さんと須長由季さんが出席。須長さんは「市内のあちこちに大会ポスターが掲示され、緊張とともに喜びを感じている。昨年は結果もコンディションも不完全燃焼に終わった。今年は爆発させたい」と意気込みを話した。

 今大会のメインスポンサーを務めている全日本空輸株式会社(ANA)の平子裕志社長は、大会のサポートを5年間継続していく考えを改めて示した。

横須賀版のトップニュース最新6件

接戦制し初の県制覇

三浦学苑女子バレー

接戦制し初の県制覇

5月18日号

支援必要な若者に寄り添う

気軽に相談「まちの保健室」

日本最古級の「陥し穴」発見

船久保遺跡

日本最古級の「陥し穴」発見

5月4日号

繁殖期のカラスに用心

「終活を無駄にしない」

横須賀市

「終活を無駄にしない」

4月27日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

サッカーW杯の見どころ

サッカーW杯の見どころ

元代表の岩本氏が解説

5月27日~5月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク