横須賀版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • hatena

アイクルフェア 「未開封食品持ち寄って」 フードドライブ初実施

社会

 家庭や事業所で余っている食品を、食支援の必要な人につなげよう―。

 7月16日(祝)に浦郷町のリサイクルプラザ「アイクル」で行われるアイクルフェアで、今回初めて「フードドライブ」が実施される。「食べ物の寄付を集める運動」という意味で、缶詰やカップ麺、インスタント・レトルト、乾麺、米などの未開封食品の持参を呼び掛けている。賞味期限が明記されており、現時点で2週間以上あるものが対象(包装破損品や生鮮食料品は不可)。受付は1階エントランスホールで、午前10時から午後3時。

「もったいない」つなぐ

 市役所では年末に職員を対象にフードドライブを実施していたが、イベントでの呼び掛けは初めて。市は食品ロス削減の啓発に力を入れており、横須賀・横浜市内で活動する「NPO法人神奈川フードバンク・プラス」が協力する形となった。

 当日、集まった食品は同法人を通して市内のひとり親家庭や生活困窮者、高齢者世帯のほか、子ども食堂などに配布する方向。多く買い置きしていた、食べきれず余りそう―といった商品を有効活用できる。本岡俊郎理事長は「支援を必要としている人への橋渡し。食品ロスの視点でも、フードドライブを上手に使ってほしい」と話している。当日のボランティアも募集中で、会場に午前9時半集合。

リサイクル楽しく学ぶ
  
 ごみの減量化・資源化を学ぶ「アイクルフェア」。年3回の実施で、毎回3000人近くの来場がある。今回もリサイクル体験コーナー=写真=や分別クイズのほか、古本・古着物・古帯・古ジーンズ・がらくた市、リサイクル自転車のオークションなどが企画されている。再生家具の有償提供(入札)もある。

 同館5階では、追浜に関する写真展と第三海堡パネル展も行う。追浜駅近くから会場までの無料臨時バスあり。イベント詳細は【電話】046・866・1196
 

横須賀版のローカルニュース最新6件

猿島で迎える初日の出

ランドセル背負い学校に

心臓移植手術成功の雫さん

ランドセル背負い学校に

12月14日号

「逸見エモン」が先生に

「手塩にかけた野菜です」

高校生ファーマー齋藤さん

「手塩にかけた野菜です」

12月14日号

久里浜港に1万3千人

まちの歴史 側面に焦点

新連載のはじめに――

まちの歴史 側面に焦点

12月14日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

軍港都市横須賀の歴史

軍港都市横須賀の歴史

セミナーと音楽隊演奏

12月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク