横須賀版 掲載号:2018年11月2日号
  • LINE
  • hatena

ANJINサミット 家康支えた按針に光 偉業伝える講演に1千2百人

文化

 徳川家康の外交顧問として活躍した英国人ウィリアム・アダムス(三浦按針)の偉業を国内外に広く発信しながら地域活性化につなげようと10月27日、横須賀市をはじめとするゆかりの4市連携で「ANJINサミット」がよこすか芸術劇場で開かれ、約1200人が来場した。

 登壇者は三浦按針の菩提寺である西逸見の浄土寺住職・逸見道郎氏と、徳川宗家第18代当主の徳川恒孝氏、NHKの歴史番組「その時歴史が動いた」で司会を務めた松平定知氏。按針と徳川家康の関係性を中心に歴史を紐解いた=写真。

 松平氏は江戸幕府開幕を左右した関ヶ原の戦いでの家康の勝利に「戦の勝敗に影響したと言われる鉄砲や武具を伝えた按針は欠かせない存在」と解説。逸見氏は「海外侵略を進める諸外国に日本が侵略されていた可能性もあった。按針からの情報なしでは生き残れなかったのでは」と話すなど、按針の隠れた功績を探り、理解を深めた。

ドラマ化要望 NHKへ

 これに先立ち上地克明市長ら4市首長と議長は26日、NHK放送センター(東京都渋谷区)を訪れ、按針を題材にした大河ドラマ制作を求める署名を手渡した。9月現在までに集まった約2万7千人分。今後も20万2千人を目標に呼びかけていくという。

横須賀版のローカルニュース最新6件

「平成町」名称はこう決まった。

失敗の「語り部」になる

W杯前に機運を盛り上げ

新天地で飛躍誓う

田浦町出身大高さん

新天地で飛躍誓う

1月18日号

身清める寒中水行

佐原慈眼院

身清める寒中水行

1月18日号

認知症予防に鍼灸

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「平穏死」を迎える心構え

「平穏死」を迎える心構え

27日 本町でシンポジウム

1月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク