横須賀版 掲載号:2018年11月30日号
  • LINE
  • hatena

三浦半島活性化シンポ 地域の多様性理解し連携

経済

 三浦半島振興と地域課題の解消を産学連携で取り組む「三浦半島地域活性化協議会」は今月26日、構成する7団体(かながわ信用金庫、神奈川新聞社、関東学院大学、京浜急行電鉄、三浦商工会議所、横須賀商工会議所、横浜市立大学)のトップが顔を揃え、横須賀商工会議所で公開シンポジウムを開いた。直面する人口減少や活性化策をテーマに意見を交わした。約150人が参加した。

 会の前段で大学教授が行った20代〜30代女性の居住地に対する意識調査の報告があり、「三浦半島は子育てに適した場所と認識され、定住志向も高い一方、交通や買い物の不便さや訴える声が多い」と発表。観光による地域活性を望んでいない生活者が存在していることなども伝え、転入層を意識した施設の充実化や新しい経済政策の必要性を説いた。

 参加団体の代表による討論では、各人が持論を展開。原田氏は「三浦半島の自社施設を周遊するパスを販売していたが振るわなかった。地域に目を向けて協力を求めたことで『みさきまぐろきっぷ』などの人気商品が誕生した」と民間連携の重要性を述べた。

 規矩氏は「地域の多様性をどう利点に持っていくかが大事。学生に考える機会を与えたいと思っている」と行政や団体と連携協定を進めている意義を話した。重田氏は「人口減少対策の選択肢として外国人労働者の受け入れを地域でどう考えるか、議論していく必要性がある」と今日的な話題に言及した。

 同協議会の呼びかけ人である平松氏は「集中的に取り組む課題を提示してもらった」とし、協議会として積極的に取り組んでいくことを確認した。

横須賀版のローカルニュース最新6件

いきなり”アマジュン”

横浜F・マリノス

いきなり”アマジュン”

12月7日号

120周年を人文字で

「伝える」が自分の役割

青と白の冬化粧

くりはま花の国

青と白の冬化粧

12月7日号

気軽に体験「環境」身近に

海の広場に「光るブーツ」

横須賀美術館

海の広場に「光るブーツ」

12月7日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

軍港都市横須賀の歴史

軍港都市横須賀の歴史

セミナーと音楽隊演奏

12月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク