横須賀版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

よこすかポートマーケット 21年春にリニューアル開業 新たな運営事業者を選定

経済

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena
倉庫の形状を活かした外観(イメージ)
倉庫の形状を活かした外観(イメージ)

 一般財団法人シティサポートよこすかは先月30日、よこすかポートマーケットの新たな運営事業者を選定した。観光・集客の拠点として建物をリニューアルし運営する事業者を公募。不動産の有効活用事業を展開するいちご株式会社(東京都)を中心とした共同事業者が優先交渉権を得た。

 新港町のよこすかポートマーケットは、2013年に開業。大型直売所として、当初は一般財団法人シティサポートよこすかが運営を手掛けていたが、赤字累積等により今年3月に運営から撤退した。4月からは出店者による「事業者会」が同法人から建物を借りる形で営業を続けている。

 ポートマーケットの施設利活用について横須賀市は昨年度、立地環境や市場性の調査を実施。周辺では猿島航路のビジターセンターや新規ホテルの建設のほか横須賀港のフェリー航路開設なども進んでおり、既存建物を解体せずに全面リニューアル工事を行い、観光集客拠点として再生させる方針を決めた。

建物の価値活かす

 同法人は公募型プロポーザル方式で事業者を募集。選考の結果、いちご株式会社を代表とするグループが選ばれた。現存の不動産に新たな価値を吹き込む「心築」の事業モデルを進めている同社を筆頭に、流石創造集団株式会社(事業コンセプト立案、施設のにぎわいづくり等)と株式会社ゲンバカンリシステムズ(改修工事設計・施工・建物管理)が共同事業者として参加。また、宮崎県で複合商業施設を運営する株式会社宮交シティ、施設の販促やテナント誘致を手掛けるメディアサーフコミュニケーションズ株式会社、音楽イベントを運営するエイベックス・エンタテインメント株式会社が協力会社として名を連ねた。

 同社は、現存建物の有効活用実績と併せて、「地域との連携による街のにぎわい創出」を提案。ニューヨークやロンドンなど世界各地の市場を参考に、地元の食や音楽をはじめとした文化の発信、敷地内でのコワーキングスペース設置などを計画に盛り込んでいる。

 今後は、同社とシティサポートで協定を締結後、リニューアル工事を経て、21年春の再オープンとなる見込み。事業者会での営業は今年12月31日で終了する。

家族葬専用ホール「エニシア」

お客様のご要望に合わせて様々な家族葬をご提案致します

http://www.tatsuwaka-sougi.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

「コロナ禍」踏み出す商品開発

「コロナ禍」踏み出す商品開発 経済

技術活用、ニーズに対応

5月29日号

休止施設と学校6月再開

横須賀市

休止施設と学校6月再開 社会

年内の大型イベント中止

5月29日号

「郵送でも申請できます」

特別定額給付金

「郵送でも申請できます」 社会

5月末頃に書類発送予定

5月22日号

妊活相談「LINE」で

横須賀市

妊活相談「LINE」で 社会

無料通信アプリ活用、自治体では初導入

5月22日号

来年2月で営業終了

さいか屋横須賀店

来年2月で営業終了 経済

売り上げ回復めど立たず

5月15日号

「パチンコ誕生」探求の集大成

桜が丘在住杉山さん

「パチンコ誕生」探求の集大成 文化

自宅改修して私設博物館

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク