横須賀版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

小矢部出身川名雄生さん 格闘技「RIZIN」初参戦 今月27日 さいたまでゴング

スポーツ

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
これまで獲得した2つのベルトを持つ川名さん
これまで獲得した2つのベルトを持つ川名さん

 小矢部出身の格闘家・川名雄生さんが今月27日(日)、さいたまスーパーアリーナで開催される総合格闘技の祭典「RIZIN.24」に初参戦する。

 今年7月、格闘技団体「修斗」で世界ライト級王者に輝き、念願だったRIZINの出場権を手にした川名さん。ラウンド開始直後から、圧倒的なプレッシャーで相手をロープ際に追い込み、右ストレートや右アッパーなど強烈な打撃で名立たるライバルをリングに沈めてきた29歳の選手だ。

 対戦相手は川名さんより4つ年下の武田光司さん。レスリングで小中高全国制覇を果たし、プロデビュー3年目にして格闘技団体「DEEP」のライト級王者に君臨する。

 今大会では「修斗」と「DEEP」、異なる団体の枠を超えたカードが実現し、真のライト級王者が誕生することになる。

観客に勇気与えたい

 川名さんは、衣笠中学校、久里浜高校(当時)在学中、柔道部に所属。しかし、選手として名を残すことは出来なかった。「もっと強くなりたい」と高校卒業後、安浦町にある格闘技ジム「Y&K MMA ACADEMY」に入門すると、その才能が開花。アマチュアで順調に勝ち星を重ね22歳でプロデビュー。2年前には本場アメリカで経験を積み、現在2タイトルの頂点に立つ。

 私生活では2歳の息子の父親で、藤沢市にあるしゃぶしゃぶ店の店長として生計を立てる傍ら、閉店後の深夜にジムを訪れ、ハードなトレーニングを積む日々を送る。

 10年以上にわたり、川名さんを支え続けてきた同ジム代表の山城裕之さんは「ようやく脚光を浴びる時がきた。絶対勝って横須賀から世界をとどろかせる選手になってほしい」とエールを送る。

 川名さんは「相手は年下。家族やベルトなど背負っているものが違うので負けられない。観客に勇気を与えられる試合が出来れば」と意気込む。

横須賀版のローカルニュース最新6

舞台裏を探検

舞台裏を探検 文化

芸術劇場で見学ツアー

4月16日号

暖かさに誘われお目見え

太田和つつじの丘

暖かさに誘われお目見え 文化

開花予想は今月末まで

4月16日号

元盗塁王、今は花に夢中

元盗塁王、今は花に夢中 社会

ラベンダーを衣笠ゴルフに

4月16日号

映像と音楽の融合

映像と音楽の融合 文化

清春さんが映画館でトーク

4月16日号

新ビジネスプラン募集中

新ビジネスプラン募集中 社会

独創的なアイデアに市が助成

4月16日号

「ゲーム依存症」どう防ぐ?

特別対談

「ゲーム依存症」どう防ぐ? 社会

保護者のチェック、ルールづくりが肝要

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter