三浦版 掲載号:2011年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

女子柔道団体で全国大会出場を決めた三浦学苑高校の監督を務める 武田 淳子さん 横須賀市在住 36歳

本番で開花した「攻撃柔道」

 ○…信頼する教え子たちが全国出場を決めた瞬間、自然と涙がこぼれた。12年の監督生活の中で初めての経験だった。「自分を慕って、厳しい練習に耐え抜いてきた」。ひたむきに柔道に向き合う姿勢に、「なんとしても全国に行かせてあげたい」との想いがあった。準決勝の横須賀学院、決勝の桐蔭学園は戦力的にみれば相手の方が一枚も二枚も上手。それでも生徒には「勝てるから」の檄を飛ばし続けた。細かい指示は出さなくても、生徒とは以心伝心の関係。練習で染み付いた「攻撃柔道」が本番で開花した。

 ○…柔道家として華々しい経歴を持つ。名門、日大藤沢高校時代は1年生で全国制覇、埼玉大学ではアジア大会で銅メダル、実業団のコマツでは日本代表として世界選手権も経験した。25歳で選手生活に区切りをつけてからは、指導者の道を選んだ。「それまでの柔道は自分のため。引退してからは(自分を)育ててくれた柔道に恩返しをするため」。高校時代の3年間で生徒は大きく成長する。それを導きながら、見守る現在の役割に面白さを感じている。

 ○…相手に合わせることなく力でねじふせる─。三浦学苑の看板である「攻撃柔道」はそのまま、現役時代の”武田スタイル”だ。監督就任後は「一本を取り切る」戦術を選手に徹底的に叩き込んできた。「常に攻めの姿勢を崩さない」という教えが、先の大会では見事にはまった。「実力よりも気持ちで勝った」と選手を褒め称えた。

 ○…「自分にとって柔道は勝負事」。限界を悟って現役を退いてからは、一度も実戦を戦ったことがないという。「勝てない戦いはする意味がない」と、どこが達観したようなセリフがこの人の性格を言い表す。強い女性も自宅に戻れば小3・小1という2人の男児の母親。「練習と試合でコミュニケーションの時間が割けないことが心苦しい」と嘆くが、指揮官として現場を離れるわけにはいかない。
 

三浦版の人物風土記最新6件

高根沢 奈津子さん

小網代に開所した三浦市社協「暖館」の館長を務める

高根沢 奈津子さん

4月6日号

青木 康平さん

作曲・編曲家で、AKB48の新曲「Position」を手掛けた

青木 康平さん

3月23日号

相原 宏介さん

(株)西松の専務取締役として、独自の手法でまぐろの魅力を発信する

相原 宏介さん

3月9日号

出口 景介さん

街中アートイベント「下町ワンダートリップ」の実行委員長を務める

出口 景介さん

2月23日号

里見 柚己さん

2月12日開催の格闘技イベント「Krush.85」に出場するプロキックボクサーの

里見 柚己さん

2月9日号

茨田 光子さん

洋裁ボランティアサークル「三浦ソーイングオハナ」の代表を務める

茨田 光子さん

1月26日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク