三浦版 掲載号:2012年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

横浜DeNAベイスターズのファーム(本拠地/横須賀スタジアム)新監督の 山下 大輔さん 都内在住 59歳

尽きない古巣への愛情

 ○…8年ぶりに古巣にカムバック。生え抜きOBが新生ベイのユニフォームにまた袖を通すことになった。今度は若手育成という立場でチームの復権をめざしていく。2003年から2年間務めた1軍監督は、連続最下位の結果に退任を余儀なくされた。若手の戦力化に道筋をつけた自負があり、「これから」の気持ちは強かったが、プロの世界は結果がすべて。その後も野球の世界に身を置きながら「現場でもう一回」の思いを抱き続けた。他球団のフロント、メジャーのルーキーリーグで守備コーチを務めながらチャンスを待っていた。

 ○…3月に還暦を迎える。自分の子ども以上に歳の離れた選手とどう向き合っていくのかをたずねると、「もう一度親父ができる。そんな心境」と胸の内を語った。「選手と監督は上下でなく、ファミリーであるべき」が持論。育てる、鍛える、はテクニックの伝授よりも、コミュニケーションに時間を割くのが山下流だという。

 ○…今月からのキャンプの準備に大忙しの新人選手の姿を捉えて、自分の同じ頃を思い出した。実家近くの草薙球場(静岡県)の初キャンプでの出来事。初日から風邪をこじらせチームを離れて自宅で静養していると、新聞記者が見舞いに現れた。「選手は身体が資本。しっかり養生して頑張って」とあたたかい言葉を掛けてくれた。ところが翌朝の紙面を開くと「虚弱児 山下」の大見出し。「これがプロの世界か、という妙な納得があった。反論は結果で示すしかない」。プロ意識を駆り立てる原点となったエピソードを披露してくれた。

 ○…「現役時代の華麗なグラブさばきが印象的。輝きを放っていました」との投げ掛けには、頭を指差して「今も変わらず輝いているよ」と自虐的なジョークを飛ばす。物腰柔らかでサービス精神も旺盛。新会社は地域密着を活動の大きな柱に据えている。自身も思いは一緒だ。「地元のファンは期待していて欲しい」。
 

三浦版の人物風土記最新6件

高根沢 奈津子さん

小網代に開所した三浦市社協「暖館」の館長を務める

高根沢 奈津子さん

4月6日号

青木 康平さん

作曲・編曲家で、AKB48の新曲「Position」を手掛けた

青木 康平さん

3月23日号

相原 宏介さん

(株)西松の専務取締役として、独自の手法でまぐろの魅力を発信する

相原 宏介さん

3月9日号

出口 景介さん

街中アートイベント「下町ワンダートリップ」の実行委員長を務める

出口 景介さん

2月23日号

里見 柚己さん

2月12日開催の格闘技イベント「Krush.85」に出場するプロキックボクサーの

里見 柚己さん

2月9日号

茨田 光子さん

洋裁ボランティアサークル「三浦ソーイングオハナ」の代表を務める

茨田 光子さん

1月26日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク