三浦版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

郷土漬物研究会の会長を務める 松本 幹夫さん 初声町在住 70歳

妥協しない、こだわりの味

 ○…味と安心を両立させた三浦の浅漬け「まいるど」。添加物をできるだけ使わず、大根本来が持つ旨みを引き出したやさしい味が特長。名前の由来は「初代会長が発した一言。優しく味にとげがない、という意味からこの名前になった」。市内の農家10件でつくる郷土漬物研究会の5代目会長を務める。日本農業賞優秀賞・神奈川県知事賞を1996年に受賞している。

 ○…同会は、「特長のあるものを売らなくては生き残れない」という危機感から1993年、市内の農家が集まり結成。三浦ならではの大根の浅漬け開発に取り組んだ。気候の変化や大根の育ち具合、調味料の配合など試行錯誤が数年続く。喜ばれるものを作ろう―。そんな強い思いが心の支えとなり、「まいるど」は生まれた。「立ち上げから軌道に乗るまでは約3〜4年かかった。これだという味に落ち着くまでが苦労した」と振り返る。

 ○…青首大根は約50種類ある。12月下旬になると、大根の選定を目的とした味比べを行う。「まいるどには、基本となる味を定めている。大根の種類は豊富。変えないことも大事だと思うが、良いものがあれば取り入れていく柔軟さも必要だろう。試行錯誤を続けていき、進化させていくことも大事」。

 ○…海岸沿いにズラリと並ぶ天日干しされている大根の光景は、三浦の風物詩として定着している。11月から12月は最も忙しい時期。取材中も注文の電話や、お客の対応にと慌ただしい。カメラを片手に買い求めに来る人もいる。シーズン中は、1日に1ケース20本入を150〜200ケース分を出荷する。「野菜は生き物。収穫して出来上がるまで気が抜けない。その反面、満足のいく出来になったときの喜びは大きい」と話す。今後の展望について「三浦の浅漬けとしてこれからも伸ばしていけるよう努力していきたい」と前を向く。夫婦ふたり暮らし。孫は7人。
 

三浦版の人物風土記最新6件

篠田 文隆さん

三浦商工会議所青年部の新会長に就任した

篠田 文隆さん

5月11日号

有高 唯之さん

三浦の人をテーマにした写真集「南端」を上梓する

有高 唯之さん

4月20日号

高根沢 奈津子さん

小網代に開所した三浦市社協「暖館」の館長を務める

高根沢 奈津子さん

4月6日号

青木 康平さん

作曲・編曲家で、AKB48の新曲「Position」を手掛けた

青木 康平さん

3月23日号

相原 宏介さん

(株)西松の専務取締役として、独自の手法でまぐろの魅力を発信する

相原 宏介さん

3月9日号

出口 景介さん

街中アートイベント「下町ワンダートリップ」の実行委員長を務める

出口 景介さん

2月23日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

騎馬武者が妙技披露

騎馬武者が妙技披露

5月27日、道寸祭り

5月27日~5月27日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク