三浦版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

三浦ライオンズクラブの会長に就任した 飯島 徳貴さん 上宮田在住 45歳

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena

大鉈振るう若きリーダー

 ○…献血や募金の寄付、福祉支援、ビーチクリーン活動など三浦市内で社会奉仕活動を行う「三浦ライオンズクラブ」。その新たな会長として、この7月から舵取り役を任された。会員は40代から80代まで37人。昨年から役員の若返りが進み、45歳の若さでの就任に思わず腕が鳴る。まだまだ若造かもしれない。しかし、大事なのは失敗を恐れずに決断力を持って前進する進取果敢の心意気だ。

 ○…生まれは隣の横須賀市津久井、現在は上宮田に居を構える。一度は都内でバスの運転手をしていたが、次第に地元回帰の気持ちが強くなり独立。保険代理店を開業し、38歳で同クラブに入会した。「知人の勧めで」と真面目に語ったかと思えば、「昔、やんちゃしていたこともあってその恩返しも込めてね」といたずらっぽい目をする。裏表のない明朗な性格がクラブを1つに束ねる、求心力を生み出している。

 ○…三浦愛を語る上で度々出てくる”子ども”という単語。少子高齢化が加速化する三浦の重要問題とあって、クラブとしてライオンズの名を冠した少年サッカーや野球の大会を主催するなど、青少年育成に注力する。自身も地元少年野球のコーチを複数務め、こよなく愛する野球を通した地域貢献に取り組む。土日や祝日はおろか、平日も審判としてグラウンドに立つ生活は10年にもなると言い、真っ黒に日焼けした肌はその勲章。学校や家庭では味わえない経験を子どもたちに。地域の良き”オヤジ”として奔走する。

 ○…先月、創立50周年を迎えた同クラブ。51年目となる今期のテーマを「NEXT’50!WeServe.新たな旅立ち」と掲げ、次世代への新たな一歩と位置付ける。特に長年の懸案である会員増強は待ったなし。古参会員が築いた伝統は残しつつ、会合の合理化や情報収集、PR方法など「若手の獲得のため先陣を切って改革するのが自分の役目」と語気を強めた。

三浦版の人物風土記最新6

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

三崎警察署の署長を務める

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

上宮田在住 58歳

6月25日号

長瀨 初美さん

私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」を開設する

長瀨 初美さん

三戸在住 51歳

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook