三浦版 掲載号:2017年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

水中ホッケー選手として活躍し、今月4日の日本選手権で3連覇を果たした 荻原 佑介さん 和田在住 26歳

未知への挑戦こそ喜び

 ○…ダイビングとホッケーが融合した3次元スポーツ、水中ホッケー。国内の競技人口は200〜300人ほどという知る人ぞ知るマイナースポーツを始めて8年が経った。今月4日に開かれた日本選手権では、攻撃の要として所属チームの3連覇に大きく貢献。今年9月のアジア大会に出場する日本代表候補にも名を連ねる。「発展途上の競技だからこそ上達に上限はない。そこが面白い」

 ○…大学の授業で初めて水中ホッケーの存在を知った。小学生の頃から競泳を続けていたこともあり、同じ水をフィールドとする未知のスポーツに好奇心がそそられた。すぐに友人たちと学内に部を立ち上げると熱中。新たに築いた伝統は、今も後輩たちに受け継がれている。呼吸もままならない極限の空間での戦いは「正直苦しい」と笑うが、ゴールを決めた瞬間の快感は何よりの醍醐味だ。

 ○…目下の悩みは練習環境の少なさに尽きる。知名度の低さに加え、多くのプールでは足ひれやシュノーケルの使用が認められておらず、施設の確保に苦慮。神奈川県内の愛好者も「おそらく片手で数えられるほど」で、自身は埼玉のスイミングスクールチームに属し、日々三浦との往復を繰り返す。「三浦半島はダイビングが盛んな下地がある。あとはきっかけさえあれば、裾野を広げられるはず」と熱を込めた。

 ○…普段は県立海洋科学高校で教鞭をとり、水泳部顧問として指導者の顔も持つ。練習の合間に水中ホッケーを教えたところ、生徒の反応は上々。ぎこちなさも取れ、競技への意欲が高まっていると言い、「国内初の高校生チームを作ることが夢」と破顔する。マイナーであることは何もマイナスなだけではない。若いうちから他人が経験できない世界を知ることで、時として思いもよらない道が開けるからだ。「ゆくゆくは、生徒と一緒に世界大会出場をめざせたら」。まだ見ぬ未来に思いを馳せた。

三浦版の人物風土記最新6件

亀山 千夏さん

上宮田小学校の図書ボランティアグループ「ひまわり」の代表を務める

亀山 千夏さん

7月6日号

北村 亜依子さん

青年海外協力隊としてエクアドル共和国で観光産業振興に携わる

北村 亜依子さん

6月22日号

下里 芽依さん

6月15日から群馬県で行われる南関東高校総体陸上競技大会に出場する

下里 芽依さん

6月8日号

鈴木 邦久さん

海南神社青年会の会長を務める

鈴木 邦久さん

5月25日号

篠田 文隆さん

三浦商工会議所青年部の新会長に就任した

篠田 文隆さん

5月11日号

有高 唯之さん

三浦の人をテーマにした写真集「南端」を上梓する

有高 唯之さん

4月20日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク