三浦版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

三浦半島食彩ネットワークの会長を務める 高梨 雅人さん 下宮田在住 55歳

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena

「うまい」で繋ぐ人と食

 ○…横須賀三浦を中心とした事業者が集まる民間団体「三浦半島食彩ネットワーク」。集うメンバーは年齢も職種も様々だが、食のプロフェッショナルだ。「三浦半島の『うまい』を伝える」をコンセプトに14年から活動。生産者、飲食店、小売店に加え、ITやサービス事業者が顔を揃え、人と食を繋いでいる。「『面白そうなことはまずやってみよう』。そんな思いを持つ仲間の集まり」

 ○…会の前身は直売所を運営する農漁業者組織。就業体験の提供や直売所PRなどを中心に3年ほど活動したが、補助金の終了と同時にフェードアウト。「せっかく集まったのにもったいない」と仲間らと存続へ向け立ち上がった。これまで旬食材を使った料理教室や100人で楽しむバーベキューイベントなどを開催。自身も生産者兼講師役としてPRに立つと参加者の興味の高さを肌で感じた。「まさに餅は餅屋」。さらに専門家集団となれば力は倍増。一農家としても可能性の大きさに期待を寄せる。

 ○…「会長という柄じゃない」と謙遜するが、農業の腕と知識は随一で、市内外のレストランのシェフからも一目置かれる存在だ。2代目として就農したのは、大学卒業直後。経験や勘に頼らず、野帳に天候や気温など日々の記録を書き溜めるのが日課だという。「32年やっていても、たかだか32回。まだ分からないことがたくさんある」。旬と季節感を大事にしたいと約150種を栽培。畑のそばの直売所には色とりどりの野菜が並び、食卓にのぼるのを今や遅しと待っている。

 ○…月に1度、横須賀中央で開く直売マーケットは今月1周年を迎えた。味や品質はもとより、食材、作り手、地域それぞれのストーリーとともに消費者へ。今ではずいぶんと常連客も増えたのだと感慨深げに喜ぶ。今日25日からはホームグランドの三浦半島を飛び出して上大岡へ。自慢の商品も揃い、「うまい」と言わせる準備は万端だ。

三浦版の人物風土記最新6

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

三崎警察署の署長を務める

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

上宮田在住 58歳

6月25日号

長瀨 初美さん

私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」を開設する

長瀨 初美さん

三戸在住 51歳

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook