三浦版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

作曲・編曲家で、AKB48の新曲「Position」を手掛けた 青木 康平さん 城ヶ島在住 30歳

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

時代を紡ぐ音、追い求め

 ○…職業、作曲・編曲・ギタリスト。音楽業界に飛び込んで約8年、好機が巡ってきた。舞い込んだ吉報は、国民的アイドルグループAKB48がリリースするCDのカップリング曲への抜擢だった。発売から1週間が過ぎ、ファンからの声が次々に届く。「起用はただただラッキーだった」と謙遜しながらも褒められればやはり嬉しく、糧になる。「今度こそ表題曲を」。次の勝負はもう始まっている。

 ○…音楽との出会いは14〜15歳の頃。持て余していた時間を埋めたいと、自宅にあったギターを手にしたことがきっかけだった。独学で作曲を始め、高校でバンドを結成。城山の青少年会館では、ひたすら練習に明け暮れた。その後、知識を深めようと音楽専門学校へ進学したが周囲との実力の差に愕然。「現実に叩きのめされた」。満を持して10年には新たな仲間とデビューを果たすも、ヒットに恵まれず苦難ばかり。ようやく肩の力が抜けたのは、この2〜3年の話だ。

 ○…「今でも不遇な時は続いていると思っている」。それでも腐らずここまで続けてこられたのは、「自分には音楽しかない」という強い思いから。華やかに見える世界だが、実際は寝ずに仕上げた自信作もコンペで負ければ日の目を見ないことなど日常茶飯事。したがって収入も不安定。しかし、何よりも好きな音楽で闘えることの喜びが勝るのだと語る笑顔に充実感があふれていた。

 ○…少しはにかみながら話した将来の夢は「ミリオンヒット」。著名な作曲家を挙げ「旋律が時代を作る。たとえ自分が死んでも曲は残り、歌い継がれるってすごいこと」と目を輝かせる。その夢を手放しで応援してくれる家族や仲間に感謝は堪えないが、実は舞台役者の双子の兄の活動も励みになっていると明かす。「会えば互いに愚痴ばかりだけど」。異分野ながらともに表現者の道を歩む身近な同志の存在に、謝意とエールを送った。

三浦版の人物風土記最新6

浅倉 健人さん

三崎警察署員で、「わんわんパトロール隊」の1人として活動する

浅倉 健人さん

原町在住 61歳

10月8日号

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

三崎警察署の署長を務める

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

上宮田在住 58歳

6月25日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook