三浦版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

県水産技術センターと“キャベツウニ”の養殖研究を行う 石橋 匡光さん 小網代在住 39歳

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena

価値で水産業の活路開く

 ○…今年5月から始めた“キャベツウニ”の養殖研究。まぐろ問屋「三崎恵水産」の常務として、市場や経営、事業開発にと多忙を極めるなかで、なぜ今、ウニなのか。その問いに「100年企業に向けた価値の創造」と話す。前身の石橋水産の設立から半世紀。三崎=まぐろという構図は現代にあっても不変だが、現状維持だけでは時代に取り残されてしまう。挑戦こそが未来をつくるのだ。

 ○…大学卒業後、留学を経て広告会社などに勤務。28歳で家業である同社に入社した。目利き技術の習得には骨が折れたが、畑違いの転身だからこそ得た気づきもあった。たとえば、商品の良さをどう伝えるか―。周辺には多くの問屋があり、各々が自負を持って消費者に届ける一方、1皿100円という低価格で提供する回転寿司店もある。そのなかで三崎のまぐろではなく、“三崎恵水産のまぐろ”としていかに選んでもらうか。その手法に今も知恵を絞る。

 ○…ウニの研究は、あくまで企業革新の一要素に過ぎない。「無駄をなくす、価値につなげる」との信念から、冷凍まぐろの加工時に出る残渣を乾燥・ペレット化して肥料に有効活用したり、低温のオリーブオイルで加熱調理したコンフィを開発。市販のツナ缶とは一線を画す、素材と手づくりにこだわった高付加価値商品だ。また、国内外に飲食店舗を有し、マーケットの開拓にも注力。トライアル&エラーで、まず行動をモットーとする。

 ○…「面白い食材になる」。一般に向けたウニの試食会を終え、手ごたえはまずまず。「あとは安定生産する技術力と商品力が課題」と述べ、すでに視線は次のステップに向いている。生食や加工品など、頭の中にはいくつもの青写真が描かれており、実を結ぶ日を心待ちにする。

三浦版の人物風土記最新6

浅倉 健人さん

三崎警察署員で、「わんわんパトロール隊」の1人として活動する

浅倉 健人さん

原町在住 61歳

10月8日号

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

三崎警察署の署長を務める

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

上宮田在住 58歳

6月25日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook