三浦版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

11月10日に初のワンマンライブを行うシンガーソングライターの 高澤 昌平さん 宮川在住 23歳

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

歌う喜び、夢への力に

 ◯…「ストレートに心に響く歌を届けたい」。どこか照れくさそうに理想の歌手像を語る。生の音にこだわり、路上ライブではマイクやスピーカーを使わずギター1本で勝負。都会の雑踏に紛れながら磨いた音楽は、まだ粗削りながらも聴衆を魅了し、少しずつファンを増やしている。初めてのワンマンライブは3週間後。ここまでの成長を見せたいと意気込む。

 ○…教員を目指して大学へ進学したが、違う可能性も探りたいと企業の採用試験を受けたことが運命を分けた。自己分析や面接を重ねると、自身を見つめ直す時間が増えた。思えば3歳から始めたピアノは高校で辞め、大学のアカペラサークルに入ったのも幼い頃から好きだった歌への情熱が再燃したからだった。「このまま就職してもやりたいことはない」。大学3年の3月、歌手になる夢を追いかけ始めた。

 ○…勉強や運動など、何でもそつなくこなしてきた学生時代。周囲の目には万能と映るも、本人は「器用貧乏。突出した個性がなかっただけ」と自嘲して笑う。「だから今、音楽で人生初めての挫折を味わっている」。作詞作曲、自作CDの手売り、ライブの集客、技術向上、オーディションと立ちはだかる壁は厚く高い。夢は「メジャーで活躍し、死ぬまで歌い続けること」。己の声とギター、人の心に届けたいという強い思いが支えだ。

 ○…高校時代、陸上部で培った健脚と運動神経は今も健在だ。インドアが多い音楽活動のせいか、趣味はサーフィンにダイビング、ランニング、自転車とアクティブ。愛車のバイクを走らせながらふと浮かぶフレーズも多く、ライブでは、こうした日常生活から生まれたオリジナル曲を披露する。「楽しんでほしい」。気鋭のシンガーは不退転の決意を歌に乗せる。

三浦版の人物風土記最新6

上野 憲一さん

油彩画家で、個展「回り、重ねる。」を開く

上野 憲一さん

小網代在住 73歳

10月22日号

浅倉 健人さん

三崎警察署員で、「わんわんパトロール隊」の1人として活動する

浅倉 健人さん

原町在住 61歳

10月8日号

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook