三浦版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

三浦商工会議所青年部の新会長に就任した 石渡 大輔さん 上宮田在住 44歳

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

思いの共有が結束深める

 ○…三浦を支える若手経済人が集う商工会議所青年部。このほど2019年度の新会長に就いた。掲げた所信は「共有」の二文字。「商売を通じて地域に貢献する」「地域に役立つ人材を育てる」という使命を遂行するため、年齢や業態、価値観も違う会員をひとつに束ねる決意を込めた。個性の集まりであるがゆえ、頭を悩ませることもあるというが、おしなべて面白さを感じている。

 ○…柔道整復師・鍼灸師の資格を有し、高校・専門学校を経て、父が約40年前に開業した院に勤務。現在は2代目として経営に奮闘する。院と自宅のある三浦海岸。季節ごとに集客力のあるイベントが行われているが、「平時の人通りは徐々に少なくなっているのでは」と惜しがる。

 ○…40歳まで三浦青年会議所に所属し、卒業後、先輩のすすめで青年部に入会。元来、コミュニケーションは不得手だが、内勤がほとんどの仕事柄、意識的に人との交流の場を求めてきた。初声・三崎・南下浦の地域間の垣根をこえた新たな出会いに感化。対人スキル向上に一役買っているという。「会には困っていたら助けてくれる人がいる」。家族とも友人とも違う、互いに公私を支え、切磋琢磨し合える同志の存在が大きな励みだ。

 ○…胸元には代々引き継がれる現会長を示すバッチ。そっと撫でながら「身が引き締まる思い」と噛みしめる。同会では2017年に、三崎まぐろを使った新ご当地グルメ「まぐまぐの実」を考案。以降、市内イベントへの出店やメディア出演で知名度をあげ、手ごたえをつかんだ自負はあるが、めざすゴールはここではない。若年層の市外流出が叫ばれて久しい三浦。「商売の土台をつくり、地域で活躍できる人材を育てることが青年部の存在意義だと思う」

未経験から始められる医療事務!

三浦市立病院勤務・月収例269,152円。外来業務や夜間・休日受付のお仕事!

https://solasto-career.com/kanagawa/miurashi/miurashiritsu-byoin/1412700037-006/

<PR>

三浦版の人物風土記最新6

永井 文子さん

「そなえるネットワークみうら」を発足し、防災ワークショップを主催する

永井 文子さん

上宮田在住 32歳

5月14日号

青木 信哉さん

三浦市民交流センター ニナイテの新館長に就任した

青木 信哉さん

下宮田在勤 50歳

4月30日号

板倉 博光さん

4月1日付で三浦市消防団の新団長に就任した

板倉 博光さん

三崎在住 62歳

4月16日号

三冨 由貴さん

三浦商工会議所青年部第17代会長を務める

三冨 由貴さん

三崎在住 41歳

4月2日号

山本 浩司さん

「ハユカdeマルシェ」を開く「羽床総本店」の代表を務める

山本 浩司さん

海外町在勤 48歳

3月19日号

臼井 源太さん

2月27日に初めてのフルートリサイタルを開く

臼井 源太さん

上宮田在住 22歳

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter