三浦版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

城ヶ島で初開催される音楽イベント「Sunset Crimson2019」実行委員長の 國井(くにい) 久嗣(ひさし)さん 町田市在住 43歳

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena

「好き」を突きつめ形に

 ○…2014年から5年間、三崎で開いてきた音楽イベント「芋煮ロックフェスティバル」をひと区切りさせ、今年から「Sunset Crimson」と名を変えてスケールアップさせた。「地元の支えを受けて続けてきたイベントを、さらに多くの人に愛されるものに育てていきたい」。多ジャンルの音楽を集め、子ども連れや車いす、ペット同伴でも楽しめるよう新たな進化を遂げた。

 ○…「山形出身。音楽好きのサラリーマンが趣味で始めたロックフェス」。初年度100人だった芋煮フェスの来場者数は年々増え、1千人を集めたことも。出演者にはオファーを直談判し、運営資金は日々の小遣いを切り詰めて捻出するなどすべてが手弁当で苦労も多かったが、原動力は単純明快だった。「故郷のソウルフードの芋煮と大好きなロックを融合したイベントを開きたかった」

 ○…小学5年から筋金入りのロックファンだ。「ドキドキして眠れなかった」と、音楽番組に出演していた「ブルーハーツ」の音楽性とパフォーマンスに衝撃を受けた過ぎし日。好きなことを仕事にしたいと音楽業界を志すも、演奏もライター業も素質を持たなかったが、時を経てイベンターとしての楽しみとやりがいを見つけた。「一回でやみつきになった」と照れくさそうに頭をかいた。

 ○…なぜ、三崎だったのか―。初めて訪れたのは6年前、贔屓のアーティストのライブで。「町田から最初はとても遠くて」と苦笑いするが、「電車とバスを乗り継いだ先の最果て感、懐かしさ、独特の時間の流れがあった」とすぐに魅了され、2度目の訪問の折にはイベント開催を打診していたという。「人を引き寄せる町」。縁もゆかりもなく、遠くに感じた三崎も今は自身の心安らぐ居場所になっている。

三浦版の人物風土記最新6

岩野 孝一さん

市民有志グループ「空き家レスキュー」の代表を務める

岩野 孝一さん

下宮田在住 45歳

8月7日号

圡橋 海斗さん

県立湘南高校野球部で主将を務める

圡橋 海斗さん

三崎町在住 17歳

7月24日号

鷲尾 精一さん

横須賀に本店を置く湘南信用金庫の新理事長に就いた

鷲尾 精一さん

横須賀市在勤 57歳

7月10日号

横山 豊久さん

横須賀・三浦の花の名所をまとめた「よこすか花散歩」を上梓した

横山 豊久さん

上宮田在住 72歳

6月26日号

大場 育子さん

介護経験をつづった「育ちゃんの介護人生の道」を上梓した

大場 育子さん

金田出身 50歳

4月3日号

杉崎 悠子さん

三浦市社会福祉協議会職員で、第4次地域福祉活動計画の策定を主導した

杉崎 悠子さん

菊名在勤 31歳

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク