三浦版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

三浦商工会議所の会頭に就任した 鈴木 金太郎さん 小網代在住 72歳

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

人つなぎ、集う三浦に

 ○…3期9年務めた寺本前会頭から重責を引き継ぎ、三浦商工会議所の会頭に就任した。人口減少や地域経済の衰退など、街を覆う閉塞感打破をめざして掲げる重点課題は、漁港経済の再生、観光振興、地域資源の活用だ。経済界、自治体、住民が一丸となって取り組む必要性を説き、「少しでも三浦のためになれば」と決意を改めた。

 ○…城ヶ島、漁師の家庭の生まれ。母親代わりに生計を支える姉の姿を見て育ったため、中学へあがる時分には開通直後の城ヶ島大橋周辺で土産物を販売するなど、幼い頃から商人の気質があった。15歳で神田の衣料品会社に奉公へ。雑務をこなし、ときに叱咤されながら商売の心得を学んだ。「大切なのは心理的な要素」。相手が何を望み、どうすれば喜んでもらえるか―。ニーズを丁寧にくみとり、対応する力が経営者としての資質のひとつと持論を語る。

 ○…首都圏に鮮魚卸や飲食店など約25店舗を展開する鈴木水産を一代で築いたたたき上げ。奉公先から三崎に戻り、同社の前身である鈴木商店を

20歳で立ち上げた。まぐろを積んだ幌馬車の行商が原点で、第1号店はわずか1坪半。そこから徐々に拡大させ、今では三浦半島屈指の企業へと成長を遂げた。半世紀前からのこだわりは、品質・価格、そしてお客様第一であること。「人との出会い、めぐりあいに支えられている」

 ○…二町谷埋立地利活用や城ヶ島西部地区再整備計画。地域活性化に向けて追い風が吹きつつあるが、ハード面の目新しさだけに頼ることなく、「観光や定住、人に来てもらえる魅力がなければならない」と強調する。人が集えばにぎわい、にぎわえば経済はまわる。令和時代に漕ぎだした船のかじ取り役として、手腕の見せどころだ。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

三浦版の人物風土記最新6

田中 史郎さん

陶芸工房「夢窯」の共同代表のひとり

田中 史郎さん

海外町在住 69歳

11月29日号

豊岡 誠司さん

矢作海岸で丸太からカヌー作りに挑戦している

豊岡 誠司さん

逗子市在住 54歳

11月1日号

菊池 恵さん

三浦市人権擁護委員の会長を務める

菊池 恵さん

菊名在住 71歳

10月18日号

國井(くにい) 久嗣(ひさし)さん

城ヶ島で初開催される音楽イベント「Sunset Crimson2019」実行委員長の

國井(くにい) 久嗣(ひさし)さん

町田市在住 43歳

10月4日号

藤臣 美弥子さん

古本市「三崎ブックポート」を主催する

藤臣 美弥子さん

菊名在住

9月20日号

長田 翔一さん

今月末、自主企画コンサートを開催するピアニストの

長田 翔一さん

原町在住 25歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月29日号

お問い合わせ

外部リンク