三浦版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

静岡県の女子サッカーユースチーム監督で、競技普及に取り組む 渡邉 亜紀さん 城山町出身 45歳

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena

サッカー愛に一本気

 ○…静岡県藤枝市にある藤枝順心高校女子サッカー部の下部組織(ユースチーム)の監督を務める。同校は先月の全日本選手権で2大会ぶり4度目の栄冠に輝き、ユース出身選手が優勝の原動力となった。環境に左右され、サッカーに打ち込めず悔しい思いをした自身の経験から、受け皿となる場をつくろうと奔走。後進の育成に力を注ぎ、“サッカー王国・静岡”の躍進を支える。

 ○…サッカーへの興味は、兄が読むコミック誌に連載されていた「キャプテン翼」との出会いから。運動が好きなこともあって「いざサッカーを」と勇むも競技環境は乏しく、三崎中で女子サッカー同好会に入ったが、男子サッカー部と同じ厳しい練習を課せられた。練習場所や顧問、公式戦がなくても、「ボールを蹴られるだけで嬉しい」。不遇を嘆くより、やりたいことができる喜びが勝(まさ)っていた。

 ○…高校生で横須賀シーガルズに所属し、主将も務めた。一本気ゆえ、「常にこれが最後の練習と思い、悔いを残すな」と自他を厳しく律した。そのストイックさは当時を知る仲間たちの間で今も語り草になるほど。そうしてチーム力向上をめざすうち、心境に変化があった。「次第に自身がゴールを決めるより、教えた選手が得点する方が嬉しい」。この頃から指導者としての才能の片鱗を見せていた。

 ○…よりよい指導を追求するなかで、運動と脳トレを組み合わせたトレーニング「ライフキネティック」を知った。脳の活性化で、認知症予防にも効果的とされ、市民講座の講師として呼ばれることも増えた。奇しくも故郷は県内一の高齢化率。「生まれ育った三浦に、大好きなサッカーを通じて出会ったトレーニングで貢献できるなら」と面映ゆそうに話した。

三浦版の人物風土記最新6

大場 育子さん

介護経験をつづった「育ちゃんの介護人生の道」を上梓した

大場 育子さん

金田出身 50歳

4月3日号

杉崎 悠子さん

三浦市社会福祉協議会職員で、第4次地域福祉活動計画の策定を主導した

杉崎 悠子さん

菊名在勤 31歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

黒田 美結さん

三崎をモチーフにしたオリジナルの絵画作品を制作する

黒田 美結さん

三崎在住 18歳

3月6日号

渡辺 清子さん

三浦修道院の代表を務める

渡辺 清子さん

金田在住

2月21日号

渡邉 亜紀さん

静岡県の女子サッカーユースチーム監督で、競技普及に取り組む

渡邉 亜紀さん

城山町出身 45歳

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク