藤沢版 掲載号:2013年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

湘南海上保安署署長に就任した 吉野 英二さん 57歳

正義感胸に海守る

 ○…江の島島内に事務所を置き、東は鎌倉市、西は湯河原町までの海上を管轄する海上保安庁第三管区海上保安本部湘南海上保安署。この春から同署署長に就任し、海の警察として日々、犯罪の芽や海難事故に目を光らせている。主な業務は管轄区域内のパトロールや救難活動。海上事故の緊急通報番号である118番や、海上レジャーでの注意点などを広める啓発活動なども行う。全国でも事案発生件数の多い第三管区で、司令塔として14人のメンバーをまとめる。常に緊張感を持って共に任務にあたる署員に対し、労いや感謝の言葉を忘れない。「辛いこともあるはずだが明るく、使命感に溢れた者ばかり」と仲間のことを誇らしげに話す。

 ○…埼玉県出身。「海を眺めていると心が洗われるような気持ちがする」。幼い頃に父と訪れた江の島水族館や海水浴場が印象的で海を好きになり、加山雄三のファンになるなど湘南に憧れを抱いた。海に携わる仕事がしたいという思いと、警察官をしていた父の正義感を継いで23歳の時に海上保安庁へ入庁。警備課で廃棄物の不法投棄の取締りや、警備救難部救難課運用司令センター署長などを経験した。家庭では妻と長女、愛犬と暮らす。「職業柄、常に有事に備え、転勤も多かった。これまで仕事を続けてこられたのは、家族の理解と協力があったおかげ」と家族愛を語る。

 ○…密漁や不法投棄に頭を抱える漁師や、海難事故で人の死に立ち会うなど、歯がゆく辛い場面にも数多く遭遇してきた。「海はみんながルールを守って安心して楽しめる場所であるべき。海でまじめに働く人が損をしてもいけない」。物腰柔らかだった口調が強まった。胸に抱く正義感が海上保安官としての自らを支えてきたという。誰もが楽しめる海の平和と秩序を保つため、今日も奔走し続ける。横浜市戸塚区在住。

藤沢版の人物風土記最新6件

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

齋藤 史朗さん

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める

齋藤 史朗さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

対馬 伸也さん

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した

対馬 伸也さん

1月19日号

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク