藤沢版 掲載号:2013年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

国際ロータリー第2780地区2013-2014年度ガバナーに就任した 相澤 光春さん 本鵠沼在住 65歳

「認知度の向上目指す」

 ○…横浜市・川崎市を除く神奈川県内63のロータリークラブが所属する第2780地区。7月1日付けで、舵取り役となるガバナーに就任した。「ノミニー(予定者)に指名されたときは自分に務まるのか不安だった」と吐露する。2年間の準備期間を経て、満を持しての登板に「徐々に意識が変わってきた」と重責を担う背中は大きい。「クラブのメンバーが楽しめる、ロータリアンでよかったと思える運営をしていきたい」と意気込む。

 ○…活動方針として「奉仕を実践し、公共イメージと認知度の向上を目指す」と掲げる。一般の人たちへの認知度を上げるため、地域の祭りにポリオのブースを出すなど、活動を知ってもらうチャンスを広げていく。認知度の向上を重点課題と捉え、「それぞれの地区で、少しでも多くの人たちの目にふれるような活動ができれば」と穏やかな語り口調からも、思いが伝わってくる。

 ○…本鵠沼に生まれ、現在も暮らす。創業88年、南藤沢に本社を置く「相澤土地(株)」の3代目代表取締役を務める。「子どものころから、何となく『継ぐ』という気持ちはあった」と振り返る。大学卒業後、同社に入社。1984年に先代が他界し跡を継いだ。「とまどいはなかった」ときっぱり。穏やかな表情の奥に、芯の強さを感じる。「駅前でビルを経営することに興味があった。引き継いでからは自分なりのやり方で進んできた」と信念を貫く。

 ○…20代の頃から大切にしている言葉がある―「親炙(しんしゃ)」だ。色々な人と親しく接して感化を受けるという意味だ。この言葉を「職業にも自分の人生にも活かしていきたい」というように、30代で(社)藤沢青年会議所の理事長を、50代でふじさわ湘南ロータリークラブを立ち上げ、初代会長も務めた。今までの経験や出会い全てを糧として、ガバナーの大役に臨む。

藤沢版の人物風土記最新6件

二見 将幸さん

江の島観光会の会長に就任した

二見 将幸さん

2月16日号

鷹取 昭さん

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた

鷹取 昭さん

2月9日号

齋藤 史朗さん

20周年を迎える「江ノ島湾護美さぁくる」の世話人を務める

齋藤 史朗さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

対馬 伸也さん

自転車レース「オートルート」の日本人初のアンバサダーに就任した

対馬 伸也さん

1月19日号

高橋 可成(かなる)さん

「毎日写真コンテスト」で文部科学大臣賞を受賞した

高橋 可成(かなる)さん

1月12日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク