藤沢版 掲載号:2016年12月23日号 エリアトップへ

全国高校サッカー選手権に出場する桐光学園の10番を背負う 鳥海(とりかい) 芳樹さん 村岡地区在住 18歳

掲載号:2016年12月23日号

  • LINE
  • hatena

10番の伝統を継承

 ○…12月30日に開幕する全国高校サッカー選手権大会に神奈川県代表として出場する。前回大会では、かつて中村俊輔選手が背負った10番を2年生ながら継承。3回戦敗退という結果だったが、切れ味鋭いドリブルで大活躍し大会優秀選手、日本高校選抜にも選ばれた。「まだ神奈川県代表が選手権で優勝したことがない。自分たちで初の快挙を成し遂げたい」。今大会に賭ける思いは強い。

 ○…身長164cmと小柄ながら、低重心でスピードのあるドリブルやトラップ、ターンを武器に、勝負を決める決定的な仕事をやってのける選手だ。村岡地区で生まれ育ち、小学2年のとき友達に誘われ地元のクラブ「村岡キッカーズ」に入団。明るく元気のあるチームで、サッカーをするのが楽しくてしょうがなかったという。「最初にあのチームでサッカーができたから、中学高校とずっと続けようと思えた」と振り返る。3人兄弟の末っ子で性格は負けず嫌い。背番号についても「プレッシャーや責任はいつも感じている。その重圧に打ち勝って、乗り越えられたら、自分の成長に繫がっていく」と前向きだ。

 ○…前回大会では、強豪青森山田に2対0とリードしながら、後半ロスタイムで2失点。PK戦で敗れた。「今シーズンは、ロスタイムで気を抜かないよう共通意識を持ってきた」。夏には自身が「サッカー人生で一番辛かった」という10日間の合宿も行い、選手権へ向け個人もチームもレベルアップしている。「個性派揃いで、逆境でも明るく前向きに立ち向かえるチーム。一戦必勝で臨みたい」と意気込みを語る。

 ○…今年はチームメイトのSBタビナス・ジェファーソン選手やGK茂木秀選手がプロ入りを決める一方、自身は夢を叶えることが出来なかった。「すごく悔しい。チームメイトもライバルのひとり。将来プロになって戦いたい」。まずは選手権でチームメイトを初の日本一へ導く。
 

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6

小川 優さん

市内の障害に関する情報を発信するサイトを運営する「障がいのアナ」代表

小川 優さん

柄沢在住 32歳

9月25日号

谷口 齋隆(としたか)さん

中高生に向けて9月21と22日に文化祭と体育祭を企画した

谷口 齋隆(としたか)さん

辻堂元町在住 40歳

9月18日号

猪村 彰さん

藤沢市ハンドボール協会の会長を務める

猪村 彰さん

朝日町在住 68歳

9月11日号

大胡田(おおごだ) 珠侑(みゆ)さん

11月に開かれる第58回技能五輪全国大会へ出場する

大胡田(おおごだ) 珠侑(みゆ)さん

柄沢在住 20歳

9月4日号

宮原 昭夫さん

エッセイ集『八十八年目の機嫌』を上梓した

宮原 昭夫さん

辻堂元町在住 88歳

8月28日号

石川 康彦さん

NPO法人セイラビリティ江の島の新理事長に就任した

石川 康彦さん

逗子市在住 76歳

8月21日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月28日号

お問い合わせ

外部リンク