藤沢版 掲載号:2017年2月10日号 エリアトップへ

2月17日から自身初の回顧展を開催する ビッグ錠さん(佃 龍二) 湘南台在住 78歳

掲載号:2017年2月10日号

  • LINE
  • hatena

漫画で人も街も元気に

 ○…『週刊少年ジャンプ』に連載され、若者を中心に一世を風靡した漫画『包丁人味平』の作画をはじめ、数々の名作を世に生み出した。今月、湘南台で自身初の回顧展「ビッグ錠のわが町とマンガ展」を開催する。「湘南台に移り住んで45年。『味平』も、以後の作品もすべて湘南台で生まれた。私の作品を育ててくれたこの町のために、恩返しができれば嬉しい」

 ○…大阪生まれ。世間に漫画を低俗とする見方が少なくなかったという幼少時代、手塚治虫の出世作『新宝島』に衝撃を受けた。「驚くほど画期的な手法で描かれ、『こんな漫画があるんだ』と感銘」し、次第に漫画家に憧れを抱いたという。出版社に作品を持ち込み、デビュー作は高校時代の貸本漫画『バクダンくん』。のちに編集者から紹介された原作者・牛次郎さんと組むと、『釘師サブやん』『味平』と立て続けにヒット作を生み、一躍名声を得た。「次回も読みたくなるよう、最後の1コマをいかに面白く描くか。それが毎回勝負だった」

 ○…ペンネームは、米国ドラマ「コンバット!」に登場する「リトルジョン上等兵」に由来する。リトルの正反対で「ビッグ」、ジョンは「錠」と改めた。藤沢に転居したのは「僕の好きな海や田園風景があり、湘南に憧れていたから」という。構想を練るため、夜遅くまで湘南台の喫茶店やレストランに残った。当時に思いを馳せ「あの時代は『あしたのジョー』『巨人の星』などの傑作が数多く描かれ、漫画界にとって『質的な黄金期』だったと思う」と笑顔で語る。

 ○…数々の連載を終えた現在は、湘南台のキャラクター「ゆめまる」を描くなど積極的に地域活動に尽力。演劇が趣味で「ふじさわ市民ミュージカル」にも度々出演した。将来は「僕のかつてのファンたちが再び感動し、元気になってもらえる漫画を描きたい」。地域もファンも大切にしながら日々を過ごす巨匠の情熱に終わりはない。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6

中山 佳典さん

善行中学校で先月22日に行われた卒業記念行事「おもいで花火プロジェクト」を発案した

中山 佳典さん

大庭在住 53歳

3月5日号

米澤 美法さん

NPO法人「自由創造ラボたんぽぽ」の代表理事を務める

米澤 美法さん

辻堂在住 48歳

2月26日号

田中 あゆみさん

2月9日から配信が始まった市のオンライン動画「こそトレ」で講師を務める

田中 あゆみさん

湘南台在住 49歳

2月19日号

金子 美喜雄さん

県生花小売商協同組合藤沢支部の支部長を務める

金子 美喜雄さん

石川在住 47歳

2月12日号

小林 登久(とく)さん

令和2年度の県体育功労者表彰を受賞した藤沢市民踊協会会長の

小林 登久(とく)さん

鵠沼海岸在住 73歳

2月5日号

高橋 幸治さん

藤沢市キッチンカー事業者連絡協議会の発起人で事務局長を務める

高橋 幸治さん

辻堂元町在勤 48歳

1月29日号

アクセントクロス専門店・ACS

2021年4月上旬オープン。先行予約受付中です!

https://accent-cloth.shop

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩くPJマップを配布

藤沢市

歩くPJマップを配布

掲載地巡るクイズラリーも

3月5日~3月21日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク