藤沢版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

新種の微生物を発見、命名 日大生物資源科学部 堆肥の中に生息

教育

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena
アンモニアに強い耐性がある新種の微生物の電子顕微鏡写真=日本大学生物資源科学部提供(上)名付け親となった中川達功准教授
アンモニアに強い耐性がある新種の微生物の電子顕微鏡写真=日本大学生物資源科学部提供(上)名付け親となった中川達功准教授

 日本大学生物資源科学部の堆肥作製施設で微生物、硝酸菌の新種が発見され、命名申請をしていた「Nitrosomonas stercoris(ニトロソモナス スターコリス)」が学術名として正式に承認された。名付け親となった同学部生命化学科環境微生物学研究室の中川達功准教授は「100年先でも名前が使われることは研究者として名誉なこと。広く知られるように研究を重ね社会に貢献していきたい」と話している。

学生の努力の成果

 中川准教授によると、学部内にある牛の糞とおがくずを混ぜて作る堆肥の中に面白い微生物がいるのではないかと調べ始めたことがきっかけ。約10年にわたり、複数の微生物を単一に分ける分離と培養の作業を学生がノウハウを受け継ぎながら、新種の発見に至った。「地道に作業を続けた4年生の努力がもたらした大きな成果」と学生を称えた。

アンモニア耐性が世界一

 発見した微生物は、生物毒性がある高濃度のアンモニアに対して耐性があり、無毒化する能力が特徴。研究室の調べでは、その耐性濃度は世界記録になっている。

 今後は持続可能な循環型農業を支えたり、汚水処理などへの利用が可能な有用微生物として研究を重ねていくという。

 中川准教授は「人や環境にとって有益となる発見となり本当に運が良かった。消臭剤や農業、養殖業の排水処理などに活用できると思う」と期待している。
 

藤沢版のローカルニュース最新6

災害時「住民取り残さない」

災害時「住民取り残さない」 社会

御所見地区で防災訓練

12月3日号

開催地の証、ピアノに込め

開催地の証、ピアノに込め 社会

藤沢青年会議所が市に寄贈

12月3日号

SDGs推進の旗手目指せ

SDGs推進の旗手目指せ 社会

松下政経塾で全4回講座

12月3日号

「でっかいの出てきた」

「でっかいの出てきた」 教育

グリーンLC 児童招き芋堀り

12月3日号

店頭でマルシェ

店頭でマルシェ 経済

無印良品「地域の賑わいに」

12月3日号

大根の収穫を体験

なかよしランド特別企画 青木幼稚園

大根の収穫を体験 教育

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook