藤沢版 掲載号:2018年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

五輪に備え訓練 近隣市町など7機関参加

社会

救助に向かう消防署員
救助に向かう消防署員
 2020年東京五輪のセーリング会場となる江の島東側海域で3月20日、湘南海上保安署、藤沢市消防局、鎌倉市と逗子市、葉山町の消防本部、江の島ヨットクラブなど、官民7機関が集まり、初となる合同海難救助訓練が行われた。

 訓練では、セーリング競技海域で競技を監視していた警戒船から火災が発生し、乗組員は通報後、連絡が取れなくなり行方不明になったと想定。

 藤沢市は協定のもと、近隣市町に応援を要請。逗子消防がドローンを使い、上空から行方不明者を捜索し、映像で状況を確認しながら、藤沢消防の救助艇や水上バイクなどが救助に向かった。海中にいた乗組員を救助後は、海上保安署の巡視船が警戒船を消火した。

 訓練を見守った和田聡明署長は、「今後も地域で連携をしていくことが大事。海難事故は1つの市町では対応が難しいので、さらに連携を深めていきたい」と話していた。

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ママ起業家秋のまつり

ママ起業家秋のまつり

さいか屋でイベント

9月22日~9月24日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク