神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2020年12月18日 エリアトップへ

市所蔵絵画を科学調査 長谷川路可のフレスコ

文化

公開:2020年12月18日

  • X
  • LINE
  • hatena
作品に専用の機械で電磁波を照射し分析
作品に専用の機械で電磁波を照射し分析

 知られざる絵画の「内臓」が、最新の電磁波調査でよみがえる――。

 藤沢市が所蔵する長谷川路可作のフレスコ画「イタリアの想い出」の初となる科学調査が、5日から12日にかけ実施された。テラヘルツ波と呼ばれる電磁波を用いた調査で、作品を傷つけずに下地や内部構造を調べることができるもの。レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」や奈良県の高松塚古墳などでも同調査を行ってきた国立研究開発法人情報通信研究機構が実施した。

 長谷川路可は昭和期に活躍した画家で、国内のフレスコ画のパイオニアとしても知られる。同作は路可がイタリアから帰国して翌年に作成し、その後キャンバスに移し替えるストラッポ技法が取られている。絵の具の剥がれなど損傷が激しく、将来的に修復が必要となると想定される中、今回の調査結果は修復計画の指針に期待される。

 詳しい調査結果は分析中だが、キャンバス内部の枠組みにズレが予測されることなどが分かった。市アートスペースは「結果を今後に生かし作品保全に役立てたい」と話した。
 

藤沢版のローカルニュース最新6

GWに子どもフェスタ

GWに子どもフェスタ

スタンプラリーも

4月20日

自分だけの宇宙を作ろう

自分だけの宇宙を作ろう

GWワークショップ

4月20日

お宝絵画や現代アート

お宝絵画や現代アート

約50点一堂に

4月19日

細密な植物アート110余点

細密な植物アート110余点

「たんぽぽの会」が作品展

4月19日

今はなき小字を知る

今はなき小字を知る

21日に善行雑学大学

4月19日

私立小の魅力紹介

私立小の魅力紹介

21日、テラスモール湘南

4月19日

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook