神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年7月5日 エリアトップへ

ファン支援で“ホピ子”復活 葛原から再びレースの頂へ

スポーツ

公開:2024年7月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
サーキットを疾走する“ホピ子”(つちやエンジニアリング提供)
サーキットを疾走する“ホピ子”(つちやエンジニアリング提供)

 日本最古のレーシングガレージ「つちやエンジニアリング」(葛原)が生んだ自社製GRスープラ(愛称・ホピ子)がこのほど、サーキットに戻ってきた。昨夏、富士スピードウェイで行われた国内最高峰の自動車レース「スーパーGT」第4戦の中盤、排気系のトラブルでマシンが全焼。再生するのは難しいとされたが、「もう一度、走る姿を見たい」と望むファンから約3千万円の資金が寄せられ、およそ8カ月後に復活の狼煙を上げた。

 「まるで悪夢。マシンが燃え上がる光景は今も脳裏に焼き付いている」

 チームの監督を務める土屋武士さん(51)は、昨年8月に見た惨状をこう振り返る。車両は金属の塊と化し、シーズンの途中でレース参戦中止を余儀なくされた。

 つちやエンジニアリングは、土屋さんの父である故・春雄さんが1971年に創業した。小さな町工場がチームを発足。職人の技術と工夫でレースに挑み、2016年には年間王者に輝いた。しかし、自動車メーカーなどビッグチームがひしめく世界。ここには新たなマシンを用意する経済力は残されていなかった。

暗闇からの脱却

 窮地を救ったのは、ファンの声だった。SNSで「辞めないで」「NEVER GIVE UP」といったメッセージがチームに寄せられた。

 「たくさんの人に復帰を望まれている。その思いに応えるため、前に進もう」。皆の応援が土屋さんを奮い立たせた。

 チーム名「HOPPY team TSUCHIYA」から取られた愛称を冠した「ホピ子復活プロジェクト」を立ち上げ、ステッカーと引き換えに1口1万円の支援を募った。すると3カ月で予想以上の資金が集まった。

 それを元手に、奇跡的に残っていたメインフレームから若手のエンジニアやメカニックたちがネジ1本にまでこだわった手づくりのパーツを組み、試行錯誤の末に新生ホピ子を作り上げた。

 迎えた4月の開幕戦(岡山県)。エンジン音を響かせてコースへ。結果は14位。無事完走した。翌月の会場は、あの悪夢が頭をよぎる富士スピードウェイ。3人のレーサーでつなぐ3時間レースで、23位、105周でチェッカーフラッグを受けた。ようやくチームに活気が戻ってきた。

 ホピ子に刻まれた「Racing again with you!(あなたと再びレースを)」の文字。「自分たちだけのマシンではない。皆で共に成長していきたい。年内上位に食い込み、来年は勝負するつもり」と土屋さん。ファンの思いを乗せて走り続けていく。

 次戦は8月3日(土)と4日(日)、富士スピードウェイで開かれる。

マシンを愛でる土屋さん
マシンを愛でる土屋さん

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催 

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202308/57162.html

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

搬送数昨年比7件増

熱中症

搬送数昨年比7件増

暑さ避け水分補給を

7月12日

踏切道廃止で安全確保へ

藤沢本町駅周辺整備

踏切道廃止で安全確保へ

市が8年後の完成目指す

7月12日

官民協働 未来のまちへ

湘南大庭地区

官民協働 未来のまちへ

活性化指針、素案まとまる

7月5日

ファン支援で“ホピ子”復活

ファン支援で“ホピ子”復活

葛原から再びレースの頂へ

7月5日

22年ぶり全国大会へ

藤沢シニア

22年ぶり全国大会へ

 敗者復活戦から切符獲得

6月28日

駄菓子屋が学び舎に

駄菓子屋が学び舎に

「商売」体験、不登校支援にも

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook