鎌倉版 掲載号:2011年2月11日号
  • googleplus
  • LINE

湘南センチュリーモータースクールで 自転車事故の恐怖 再現 スタントマンが熱演

社会

衝撃的な事故現場が再現された
衝撃的な事故現場が再現された

 スタントマンが交通事故現場を実演する「スケアードストレート方式」による安全教育が今月2日、市内では初めて、湘南センチュリーモータースクール(鎌倉市台)で行われた。鎌倉市内の小・中学校の教員や保護者、主催した鎌倉市交通安全対策協議会ら約100人が迫力あるスタントマンの実演を見守った。

 あいさつで、大船警察署の平井一夫署長が鎌倉市内では昨年、交通死亡事故が5件(前年比+5件)発生、特に「二輪車と高齢者の事故が増えている」と説明。 スタントでは、自転車の悪い乗り方や、それらのマナー違反が招く交差点での衝突など、迫力ある実演が繰り返された。

 スタントマンは「ルールを守れば救われた命もたくさんある。今日見てドキっとした気持ちをたくさんの人に伝えてほしい」と呼びかけていた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク