鎌倉版 掲載号:2011年3月11日号
  • googleplus
  • LINE

危険な場所 自分たちの目線で 大船小学校児童が「地域安全マップ」作成

教育

写真やイラスト入りのわかりやすい地図で説明
写真やイラスト入りのわかりやすい地図で説明

 市立大船小学校(山口昭雄校長)の児童たちが、自分たちの登下校の道などを安全・安心に通えるようにと「地域安全マップ」を作成、発表した。

 マップ作りに参加したのは、同小学校の5年生児童で2クラス約60人。

 グループに分かれて、保護者や警察の協力のもと、大船や岩瀬地区など、実際に街へ出て取材。普段遊んでいる公園や通学路を注意深く観察し、「人気がなく落書きも多い」「フェンスが低く危険」「街灯がなく、夕方以降の一人歩きは危ない」といった場所を確認していった。

 また、近所の人に「犯罪に遭うかもしれない不安な場所はありますか」といったインタビューも実施し、撮影やメモなど、それぞれが役割分担し取り組んだ。

 先月24・25日には、完成したマップを発表。各グループの発表に児童たちは「いつもの通り道だけど、新しい発見があった」「さみしい場所は一人で歩かない」と感想を話した。

 このマップは、大船小のPTAが他市での作成例をもとに企画。子どもたちに街中で起こりうる危険を回避することを意識してもらおうと、大船署の協力を得て行われたもの。鎌倉市内では初めての試み。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク