鎌倉版 掲載号:2011年4月29日号
  • googleplus
  • LINE

5月15日(日)、鎌倉芸術館で公演を行うパントマイミスト 郷田 ごうさん 岩瀬在住 45歳

”近い距離”で楽しんで

 ○…「市内でも数えるほど」だというプロのパントマイミスト。都内や横浜市の舞台に立ち、鎌倉市でも、春と秋に鎌倉芸術館で「親子で気軽に楽しんでもらえるように」とワンコインでのステージを披露している。今回は同じく市内在住のパントマイミストの明日可(あすか)さんとの共演でパフォーマンスを行う。

 ○…「目の前に壁のある様子」といった定番のものから「窓拭き」「投げ縄」「マリオネット」などの動きを加え、自ら台本を書いた物語仕立てのショーで観客を魅了する。「お客さんたちとの”近い距離感”が魅力ですね」と笑顔で語る。

 ○…生まれは北海道。「俳優になりたい」と高校を卒業と同時に上京。当初は映画やテレビで活躍する役者を目指していた。ある時、目にした雑誌「ぴあ」に載っていた「パントマイム教室」の広告を見たことから「こっちも面白そうだな、と」。一時は役者とパントマイム、両方をこなしていた時期もあったが「パントマイムは一人で魅せることが多く、自分に向いている」と徐々にのめりこむ。市内在住のやまさわたけみつ氏に師事した縁から15年ほど前に鎌倉へ。「東京から見るのと、実際に住んでみるのとでは、またイメージが変わりますね」。

 ○…「パントマイムはちょっと地味なイメージがありますよね」と話すように、独特の動きは繰り返しの反復練習で身に付ける。20年以上のパントマイム暦を持ち、プロとして10年以上。駆け出しの頃は「ついつい練習中の『その場歩き』を駅のホームでしちゃったり、衆目を集めちゃいました」と照れ笑い。

 ○…「以前は習っても、ある程度覚えたら離れてしまう人も多かった」というパントマイム人口だが、今また若い世代を中心に盛り上がりを見せつつある。「実は、覚えてからが始まり。自分だけの個性を磨くことに終わりはありません」。穏やかな笑みとともに、プロとしての矜持がキラリ。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

仲田 順昌(じゅんしょう)さん

覚園寺の第31代住職に就任した

仲田 順昌(じゅんしょう)さん

10月12日号

大箭(おおや) 晃義さん

写真集『苔に光る 鎌倉の石仏』を出版し、10月20日に講座を開く

大箭(おおや) 晃義さん

10月5日号

津田 康有さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

津田 康有さん

9月28日号

瀬戸 たまさん

全日本武術太極拳選手権大会で3位入賞を果たした

瀬戸 たまさん

9月21日号

織田 百合子さん

今号で最終回を迎えた本紙連載コラム『鎌倉と源氏物語』の筆者

織田 百合子さん

9月14日号

池照 貫吾さん

今年プロに転向した高校生ウインドサーファー

池照 貫吾さん

9月7日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

体の衰え度をチェック

体の衰え度をチェック

たまなわ交流センターで

10月11日~10月12日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク