鎌倉版 掲載号:2011年5月20日号
  • googleplus
  • LINE

江ノ電 ペンでタッチして音声案内 4カ国語で外国人観光客の対応も

江ノ電沿線の観光情報が音声で聞ける(長谷駅)
江ノ電沿線の観光情報が音声で聞ける(長谷駅)

 外国人観光客向けに音声で観光案内をする「音ペン」が先月29日、江ノ電の鎌倉、長谷、江ノ島、藤沢の4駅に設置された。駅に掲示された専用の観光地図に付属しているペンをあてると、観光案内が音声で流れる。国旗をタッチすることで言語を選択することができる。用意された言語は日本語の他に英語、中国語、韓国語の4カ国語。駅員が外国語を話せない場合の補助的な役割が期待される。

 設置のヒントになったのは東京都葛飾区柴又の観光客向けに作られた音声ペン「音筆」と、専用の観光マップの貸し出し。外国人観光客向けに作られ、評判も良かったことを受けて江ノ電も設置へ踏み切った。開発には半年を要し、ゴールデンウィークに合わせての設置となった。

 震災の影響から、江ノ島電鉄(株)では「ゴールデンウィーク中の外国人観光客は例年より少なく、音ペン設置に対する反響はまだはっきりとしない」という。同社経営企画部は「震災の影響が落ち着いてくる、夏以降に期待したい」と話す。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク