鎌倉版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

腰越小が140周年 記念発表会に500人

教育

合奏を披露する児童=30日
合奏を披露する児童=30日

 市立腰越小学校(掛川泰男校長)の創立140周年を記念して、11月30日に児童を中心とした校内発表会が行われた。

 会では5、6年生児童による合唱や合奏、PTAによるコーラス、マリンバの演奏、卒業生らによる和太鼓「ふれあい太鼓」などが披露され、約100人の保護者や同窓生と、404人の児童が、同校の歴史を刻む喜びを共にした。

 掛川校長は冒頭に「腰越小は、市内の小中学校の中で最も歴史がある。記念の発表会で練習の成果を発揮して欲しい」と挨拶した。

 同校は、1872年(明治5年)に、発蒙学舎として浄泉寺境内に建てられたのが始まり。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク