鎌倉版 掲載号:2013年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

横浜銀行鎌倉支店 県バリアフリー賞を受賞 先進的な店舗づくりが評価

文化

幅を広げたATM(上写真・右から2つ目)や幅広の手すりが取り付けられた階段(左)
幅を広げたATM(上写真・右から2つ目)や幅広の手すりが取り付けられた階段(左)

 「神奈川県バリアフリー街づくり賞」の受賞団体が1月31日に発表され、横浜銀行鎌倉支店(市内小町)がテラスモール湘南(藤沢市)とともにハード部門を受賞した。

 同賞は神奈川県が、誰もが安心して利用できる先進的な施設の整備やバリアフリー教育などの活動を2008年度から表彰しているもの。

 横浜銀行鎌倉支店が、JR鎌倉駅東口を出てすぐの現在の場所に開店したのは1968年。その後、老朽化が進んだことから2009年7月から建て替え工事が行われ、11年11月に新店舗が開店した。

 建て替えにあたって同支店では、大幅なバリアフリー化が進められた。高齢者の多い鎌倉という土地柄を考えて入口から店舗への段差をなくしたほか、通路には点字ブロックを設置。またATM1台の左右を約2倍に広げ、車いすやベビーカーを押しての利用もしやすい工夫がなされた。このほか着座式の記載台を設置し、階段には幅広で握りやすい手すりが取り付けられ、トイレはオストメイト対応のものとした。

 さらに同社では、ハード面だけでなく接客などの「ソフト面」でもバリアフリーの取り組みを進めている。ロビーには他の店舗よりスタッフを多めに配置し、高齢者のATM利用などを手助けする。また助聴機や筆談のための器具も用意されているほか、「サービス・ケア・アテンダント」の資格を持つスタッフを配置している。

 高松直志副支店長は受賞に対し「より良いサービスを提供できる環境であることを評価して頂いたことは光栄。今後はこの環境を活かして誰もが利用しやすい店舗づくりに取り組んでいきたい」と話していた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク