鎌倉版 掲載号:2013年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

PM2.5測定局 岡本にも 基準値超え 鎌倉では未確認

社会

 県大気水質課は3月1日、大気汚染の原因とされる微小粒子状物質(PM2・5)の測定局を新たに11カ所増やした。現在、県内29カ所で測定を行っている。新しく設置された場所には、市内岡本にある県立フラワーセンター大船植物園の、駐車場脇の施設が含まれている。

 県内で環境省が定める環境基準(1日の平均値が35㎍/㎥以下)を超えた数値が確認されたのは、3月中では7日、8日、9日、18日。最も顕著だったのが9日で、県内17局で観測された。鎌倉では基準値超えは確認されなかった。

 今回の測定局の新設は、2009年に設定された環境基準に基づいたもの。同課では11年から測定を行っており、今後も順次、新しい測定局を設ける予定だという。

 PM2・5は大気中に浮遊している粒径2・5㎛以下の粒子。主に工場や自動車から発生し、呼吸器などへの健康被害が懸念される。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク