鎌倉版 掲載号:2014年11月21日号 エリアトップへ

動物たちの駆け込み寺 年中無休で急患受け入れ

社会

掲載号:2014年11月21日号

  • LINE
  • hatena
専属の医師とスタッフが対応する
専属の医師とスタッフが対応する

 休日や夜間に体調を崩したペットたちの「駆け込み寺」となっているのが鎌倉市と藤沢市の境、藤沢市片瀬4丁目にある、湘南夜間救急動物病院(通称シーメック)だ。

 2006年2月に藤沢獣医師会と湘南獣医師会が共同で設立、運営を開始した同院。専属の獣医師、看護士が常駐し、夜9時から翌朝6時まで、365日急患を受け入れている。

「もしも」の時のために

 「仕事から帰ってきたらぐったりしていた」「食べたものを吐いてしまった」「下痢が止まらない」―。シーメックには様々な症状のペットが運ばれてくる。その数は1日5〜7件にもなるという。

 ただ同院で行うのはあくまで「応急処置」で、治療はかかりつけ医で行うのが基本となっている。場合によってはその病院が開院するまで、時間が過ぎても預かることがあるという。

 最近ではインターネット上の情報で飼い主が判断してしまい、症状が悪化するケースも。言葉を話すことができない動物たちにとって、いざという時に頼りになるのは飼い主が持っている情報だ。「日頃からかかりつけ医とコミュニケーションを密にし、ペットの病歴や服用している薬などは把握しておいてほしい」と同院は話す。ペットとの生活をより安心・安全なものにするための努力が、今日も続けられている。

 問い合わせは同院【電話】0466・26・9912(午後9時〜翌午前6時)へ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6

累計で127人に

新型コロナ市内感染者

累計で127人に 社会

10月16日号

第一人者語るデータ分析

第一人者語るデータ分析 文化

木田さんが新刊出版

10月16日号

えのすい×ビックリマン

えのすい×ビックリマン 経済

コラボイベント開催中

10月16日号

夜彩る1万の光

夜彩る1万の光 社会

17日から江の島で

10月16日号

旧武基雄邸が「重要建築物」に

旧武基雄邸が「重要建築物」に 文化

戦後モダニズムの理念表す

10月16日号

折り鶴作ってコロナ終息祈願

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク