鎌倉版 掲載号:2015年7月31日号
  • googleplus
  • LINE

「オレンジ旗」で避難呼びかけ 津波想定し訓練

社会

オレンジフラッグで避難を呼びかけるライフガード
オレンジフラッグで避難を呼びかけるライフガード
 材木座、由比ガ浜、腰越の3海水浴場と鎌倉海浜公園水泳プールで7月24日、津波の発生を想定した避難訓練が行われた。

 これは市や海の家事業者らが参加し行われたもの。訓練本部が置かれた由比ガ浜海水浴場では、午前11時に防災行政無線で津波警報のサイレンが鳴らされ、スピーカーで海水浴客らに避難を呼びかけた。

 また、津波の到来を知らせるサインとして鎌倉マリンスポーツ連盟が考案し、全国各地で使用が広がっている「オレンジフラッグ」が監視所などに掲出された。砂浜ではライフガードがオレンジの旗を振って危険を知らせ、来場者を海水浴場の出口へと誘導した。

 訓練後、松尾崇市長は「津波は必ずやって来る。市としても対策に万全を期していくが、海水浴を楽しむ皆さんにも日頃から認識を持ってほしい」と話した。

 神奈川県が3月に発表した最新の想定では、相模トラフ沿い西側を震源とする地震が発生した場合、鎌倉市には最大14・5mの津波が10分で到達するとされている。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治期の作家の生涯に迫る

明治期の作家の生涯に迫る

鎌倉文学館で特別展

4月21日~7月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク